HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まずは自分が、強くなれ。

前回から約1ヶ月が経とうとしてます。

あ、まだ1ヶ月だったのか…ってくらい濃い日々でした。
あれから。


宮城女子ラグビークラブとして初めてミニ国体エキシビジョンマッチに参戦。
2013年あたりから細々活動始めて…
自分でラグビーやりたいって思ったのはもっと前だから…2010年とか?その辺だった気が。


紆余曲折を経て何とかカタチになった達成感というか安堵感というか…
あんなに涙が零れてくるなんて思いもしなかった。


ここまで来るのに楽しかったことよりも苦しかったことツラかったことの方が断然多い。


『こうだったら良かったのに』

『 何でいつもこうなんだろう』





なんで、どうして。

全部、自分から見た世界なわけで。




あの人のためなら引き受けてあげよう、とか、
あのチームのためになら多少自分に負担がかかっても何かしてあげたい…、とか。


相手に対して心からそう思えなければ自分の何かを削ってまでしようだなんてサラサラ思わない。
むしろ対価を戴いたとしても願い下げだ。



どうせなら。
自分も相手にそう思われる人間でありたい。
ツラかったり苦しかったりするとどうしても人間自分が可愛いから
自分に都合のいいような言い訳を探す。



他人と過去は変えられない。
変えられるのは自分と未来。




セトモノとセトモノはぶつかると割れてしまう。
どちらかが柔らかければ割れずに済む。

そういう自分はどっちだろう。

誰だって刃を向けられれば刺されまいと牙を剥く。



ん。当然のこと。
わかってるんだけど、ね。


熱意は伝染する。
自分で消してしまわない限り、情熱の火は消えない。

強い芯(信)があれば、たとえ消えても、燻って燻って
また燃えあがる時が来るはず。

燻って燻って諦めずにいたら誰かが助けてくれるかもしれない。




いろんなことを受け入れる、認める懐の大きさと、情熱と。




全てはきっと、些細なこと。

わかってるのに気付けばいつもうじうじ。
顧みて気付けるだけマシなのか。



いや。
実践出来なきゃ意味ないかな、やっぱり。



『人間、窮地におちいるのはよい。意外な方角に活路が見出せるからだ。
しかし、死地におちいればそれでおしまいだ。
…だから。おれは困ったの一言は吐かない』



高杉晋作の言葉。




そこまでアタシ、強くないけど。
想いだけは誰よりも強いつもりだから。



『苦しいという言葉だけは、どんなことがあっても、言わないでよそうじゃないか。』




そう心には誓っているけれど。
全て受け止めてPowerに、笑顔に変えるそのために。



まずは自分が強くなれ。



2015 東北総体 岩手①

1508230162.jpg

11888093_968429476511951_1393633741539525888_n.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/09/16(水) 09:18:12|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。