HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涙。

今日は七夕。


七夕の前日に降る雨を『洗車雨』というらしい。
織姫に会うために彦星が牛車を洗っている水・・・ということだとか。

七夕の日に降る雨は『催涙雨』というそうな。
一年に一度の逢瀬。
会えて嬉しい涙、雨で天の川にカササギが橋渡し出来なくて会えなくても涙…。
会えても会えなくても、涙。わかる気がする。


いや、でもそれ以前に、
日本語って何て美しいんだろう、なんて思ってしまう。



雨を表す言葉ってもっともっと実は色々あって、
それを知るだけで雨の日の憂鬱がちょっと晴れたような気も。



七夕の前日、日本を濡らしたのはなでしこの涙。



でもそれよりもアタシの心を打ったのはアメリカの選手の話題。
今回ハットトリックを決めた選手。




4年前、なでしこに敗れた時、PKを外した選手だったとか。

今回の準決勝でオウンゴールを献上してしまったイングランドの選手。




どれほどの重圧、罪悪感に苛まれて何が何だか分からなくなるくらい
泣いて泣いて泣いたことだろう。


誰も責めないことが逆に苦しかったりして、自分を責め続けたことだろう。


悔しさを忘れなかった彼女の執念が実ったのだ。


いつも思う。
勝利の余韻に浸るには悪くない。
ただ、勝利の余韻は次第に醒めるモノ。
あれほど興奮して歓喜に沸いて、それこそ嬉し涙を流したとしても…
ゆっくり、その熱は冷めていく。

醒めきる前に自分が、自ら動き始めなければだめになる。


逆に、悔しい想いはずっと心に頭に巣食って、
ちくちく針のように刺し続ける。
致命傷にならずとも、忘れるな、と言わんばかりに。


その痛みに耐えて自分を戒め戦えた者だけが
きっと成功する。成功する権利があるんだと思う。



誰もが頑張る。
それは当然のこと。

頑張りが足りなかったのか…それだけじゃない。
その時自分に出来る100%以上を出し切ったのなら
相手の頑張りがちょっと上回っていただけ。


悔しい想いをすることもまた大事なんだ。
今よりも先に行くためには。


悔しさを知らずに強くなんてなれない。
悔しくて悔しくて涙がボロボロこぼれて、
どうしようもないくらい打ちのめされて。


そこから立ち上がる力は、とてつもなく強い。



アタシは悔しがり。
負けず嫌いですぐに泣く。



でも悔しさを忘れたことなんてないから
泣くだけ泣いたら這いつくばってでも前を向く。




その気持ちを忘れてしまったら
選手の前に立つ資格なんてないと思っているから。


b0207974_8385835.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/07/07(火) 21:09:25|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。