HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

好きこそ。


宮城女子ラグビークラブが正式に発足して半年が過ぎました。

練習に来てくれるコも徐々に増え、
一度でも来てくれたコもカウントするなら20名は軽く超えるほど。
続けて来てくれているコはやはり同じ顔ぶれだけど、
それでも多い時で10人くらいは集まるようになってきた。

Facebookが主に情報発信源になり
何とか『女子ラグビー』というものの認知度を上げ、理解を深めてもらおうと
イシイ自身必死に走ってきた感があります。


その中で自分自身との葛藤もあったりしましたが(笑)
今は落ち着いて先を見据えることが出来ていると思います。


地道なFacebookでの情報発信が実って、
テレビ取材を受けることに成功!!!来週日曜日の放送予定です。

そして人と人との繋がりってスバラシイ!!!と思わずにいられない、
『HAPPY仙南版』へのお誘い。

ここ1ヶ月くらいの間にメディアに出る機会が一気に増えた気がします。


さて。

ラガールをどう育てていくか。




自分なりに理想があるのです。
監督も、その理想を理解してくださってマジ感謝。


色んな方に合同練習しましょう、とお誘い戴けて本当に幸せなのですが。


まだまだちょっとラグビー齧ったくらいのコたちが多いわがクラブ。
そういった色んな方面に出て行った方が
もしかしたらもっともっとラグビー好きになったり興味が出てきたりするかもしれない。


でも何故か。
イシイの中で気持ちが進まないのです。


イシイ自身はもっともっと上手くなりたいし、
それこそ他人の何倍も何百倍も練習しないと上達しないから
いっぱいいろんなところで練習してみたいとも思う。


でも。

こんな話も聞いた。


女子ラグビーやりたくて進学したけど、
初めてのコンタクト練習で泣いちゃうコもいるんだって。


勿論、そんなコばかりじゃないんだろうけど。
『ラグビーやりたい!!』って本格的に思って進学したであろうコでさえ、
そんな心境になることもあるくらい、コンタクトって恐怖感があるんだと思う。

ラグビー、レスリング、柔道。
相手を掴むことが許されているこの競技における女子選手の人数ってどれくらいいるんだろう。


バスケやサッカー、ラクロス。
コンタクトプレーがないわけじゃないけど、相手を掴み倒したりすることは原則禁止。

そう考えると特殊なスポーツだと思う。


まずは楕円形のボールをもって走り回る。
追いかけっこをする。相手をかわしてトライするのが楽しいと感じる…


そこからさらに
『どうやったらいいパス放れるんだろう』とか
『どうやったら上手にキャッチ出来るんだろう』とか
『タックル、面白そう!!』とか。


自発的に思わせることが出来るか。

その兆候が見えて初めてこちらから
『じゃあやってみようか』って声を掛ける。


ラグビーは危険だと思われやすいスポーツ。
でも正しい姿勢やスキルを身につければその危険を回避することが出来る。

『やってみたい!!』と思わない選手に対して指導しても
恐らく正しいスキルは身につかない。集中力が続かないだろう。
それが一番危険で、一番底辺拡大に歯止めをかける要素だと思えてならない。


勿論、時間はかかる。

それでもそうやって浸透していけばきっとうちのクラブは安泰だと思う。


一緒にやってみたいな、とかカッコいいなとか。
そう思われる選手になりたい。


そう思われる姿を見せることが自分の役目だと思ってます。
自分がいつか試合に出たい、自分が…って想いも勿論あります。

ちょっと前まではその想いとクラブへの貢献を考えてると
自分の想いは二の次じゃないか、発掘育成こそが自分のやるべきことじゃないか…って
正直、ジレンマもあって苦しかった。


でもこの想いは相反するものではないと最近、自己完結(笑)

自分自身のスキルを磨く。上を常に上を目指す。
その姿こそが練習に来てくれたコたちの心を動かすことになるかもしれない…


都合がいいかもしれないけれど、そう考えるようになったわけ(笑)


だって本気でラグビー好きだから。


トレーナーになりたての頃も
『トレーナーに向いてないんじゃないか』って悩んだことがありました。

その時にチームの年長者の選手から言われた言葉は今も忘れません。
『イシイちゃん。向いてるとか向いてないとかじゃなくて、
本気でやりたいかどうかじゃない?
本気でやりたくて努力してたらきっと向いてくるよ』って。



逃げるのはいつも自分。

夢は逃げないんだってその言葉を痛感した瞬間でした。


言い訳にしたい材料、すぐに2,3コ出てくるけど(笑)
その材料でさえ、きっと今のイシイにはプラスな材料なんだと思う。

じゃなければこのタイミングで選手に挑戦するチャンスなんて巡ってこない。


やるだけやった結果、選手として振るわなくてもきっと満足する。
やるだけやったその姿を見て、ラグビーの魅力が伝わればこれ以上嬉しいコトはない。


『好きこそものの、上手なれ』


ラグビー大好きラガールを育成していくため、
イシイはここで頑張りぬくことを誓います。

10494582_776842862337281_1071910761786477634_n.jpg


マジメか―。

(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/10/12(日) 18:08:35|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。