HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

備忘録。


最初は、ただ漠然と『スーツを着て仕事したくないな』って。
多分、それが一番だったと思う。

小学生の頃の将来の夢はオリンピック選手。
バレーボールにどっぷりのめり込んで、自分はバレーボールの選手になるって
信じて疑わなかった(笑)

中学生の頃に読んだスポーツ雑誌の記事に感銘を受けて、
スポーツ記者になりたいと思ったこともあった。
3年生に上がる春休みに練習中に怪我をして、結果的にバレーボールと決別。
でも、そこで運命の出逢いをしたわけです。
治療に行った先の先生が県内では有名な治療家だったらしい。
生まれて初めて『トレーナー』という職種を知った瞬間。

その時から漠然と『トレーナー』を夢見てた。
『トレーナー』がどういう職業であるのか、どういったところで勉強を積んだらいいのか。
全く分からないまま、高校三年間を普通科で、ソフトボール部で汗と涙を流した。

いよいよ進路。
体育大に行きたかった。
模試だってそこそこいいとこ狙えた。あの頃は(笑)
でも親の理解が得られず敢え無く諦める。
選んだ道は…専門学校。

四大卒になんて負けるもんか。
絶対に2年先に社会に出てモノになるんだ。

その負けん気だけで専門学校の2年を過ごす。
ここの2年間、色んな人に出逢った。

選手、学生、指導者、尊敬するヒト…。

高校時代に今の性格の原型はつくられた。
専門時代に鍛えられた。

ヒトと接する仕事であり、
極端に言えば…
トレーナーとは。その接したヒトの『人生』の半分は背負う仕事であると思っている。

だからこそ中途半端なことは出来ないし、したくない。
選手が流す、歓喜以外の涙の責任はトレーナーにもある。間違いなく、ある。

トレーナーとして大切にしたいこと。
知識や技術は勿論だけど…人として、選手から絶大な信頼を得られる人間性。
この人がいるから、この人となら、
選手に、スタッフに。そう思われる人間でいたい。

この人間性って知識や技術よりも習得が難しいと思う。
何をどれだけやったら身に付くとかそんなもんじゃない。

どれだけ真剣に人と向かい合えたかとか、
どれだけ真剣に誰かを好きになれたかとか…。

選手とトレーナー、トレーナーとスタッフ。
言い換えれば真剣な恋愛にも似てると思う。

どれだけ相手を思いやれるか
どれだけ相手の為にうごけるか
どれだけ相手のコトを理解するか。

大好きな人を幸せにしたいとか大切にしたいとか
それと同じ感覚だと思うし、そのくらい真剣に向き合ってきたつもり。

仕事と日常生活での切り替えは勿論大事だけれど。
若い時はのめり込み過ぎて自分が苦しくて苦しくて仕方ないこともあったけど(笑)
それもいい経験。

痛みや苦しみを味わったからこそ今のアタシがある。

『大切』って難しい。
優しさと弱さ、甘やかしたりするのは紙一重。

本当に大切だからこそ厳しさもそこには存在するわけで。

それだけの信頼関係を築くことが実はいちばんの
人間として、トレーナーとしての資質なんじゃないかとか思うわけで。

その資質に知識とか技術とかが肉付けされてったら最強なんじゃないかって思うわけで。



結局のところ何が言いたいかっていうと。
たくさんの人と出会ってたくさんの人と言葉を交わして
自分の想いも伝えてみて、伝えるにはどうしたら良いのか模索して
相手の想いも汲んでみて、受け入れてもらうにはどうしたら良いのか考えて。


アタシも弱いから
ちょっとへこむとついつい愚痴ったり、閉じこもりたくなる。

でも
相手がいてのアタシだから。
そこは自分のことばかり考えてちゃいけない。

でも
やっぱり自分がいちばん可愛いんだろうけど。

それでも
冷静に客観的に、主観的にいろんな角度から自分を見つめる。

出した答えが間違いかどうかなんてそのあとの自分次第。
後悔したくないから自分にだけは嘘つかないで頑張るしかない。

たくさんの選手、指導者に出逢って
たくさんのことを経験させてもらった。

出逢った分だけ成長する。
出逢いは成長の種だから。

『これだけは』という信念と
相手を一度は受け入れる、相手を許す器の大きな心。

時に深く心を抉られることがあったとしても、決して恨まず。
抉られた分だけその隙間に優しさや強さを詰め込める人間になりたい。

そこを磨いて磨いて磨きあげて。
きっとそれにゴールなんてないんだろうけど。

魅力のある人間になりたい。

2520639082_427f524f97.jpg

瑠璃唐草。
花言葉は『あなたを許す』

結局のところ、何が言いたかったかって…
きっと自分自身に対する決意表明、備忘録(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/06/06(金) 22:03:41|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。