HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

背中で語る。

tkm7rugby-440548.jpg


選手を、背中から見ることが多いです。

あんまり、正面からっていうのはない。
背中、横顔。

その背中や表情からは色んなものが滲み出ていて
それが痛いほど胸を打ちます。

悔しさ、痛み、怒り、そして喜び。

選手とともにその舞台まで歩いてきたからこそ、
見えるオーラなのかもしれません。


1391604_376620062470673_1602644171_n.jpg

昨日、試合から帰って来たらある人から小包が届いていました。
送るね、とは聞いていたものの中身については知らされておらず。

開けてみたら…

直筆のメッセージと、ラグビーの練習に使って、とボール。

その中の一言。
『パスは相手への最大の敬意』

改めて、自分がすごくシアワセ者だと思いました。
こんなにも自分を応援してくださる方々がいるんだ…。
近くにも、遠くにも。


某・プロバスケ選手もCMの中で言っていた。
『何万回もパスをし
何万キロもドリブルして
何万回も相手をフェイクし
何万回も速攻を出し
何万本もシュートを打って
何十足もバッシュを履きつぶし

僕はアメリカのコートに立った』

生まれながらの天才なんて、きっとごくわずかだ。
諦めずにどこまでも努力し続けられることこそが才能。


誰かと同じように練習出来ないとか、
誰かと同じように練習していては追い付けないとか。

誰かと比べたって仕方ないんだ。


アタシは、アタシの時間でやり方で工夫してやるしかない。
誰もアタシを同じ環境の人はいないから。
誰かを真似て、誰かと比べて一喜一憂するのが
そもそも間違っていたのかも。


やってないわけじゃない。

今、出来るコトを着実にやる。
自己満足かもしれないけれど…塵も積もれば、だと思う。


応援してくださる方々のココロに応えられる人間に。
背中で語る、魅せられる人間になりたい。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/02(月) 11:45:12|
  2. MAIL
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。