HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まだまだ。もっともっと。

週末、天童市内にある山形銀行体育館にて
春の東北実業団大会がありました。

先週後半から真夏日、猛暑日…の福島。
きっと山形も死ぬほど暑いんだろうな…と覚悟はしてたものの。
やっぱり暑かった…

山銀体育館

でも、立派過ぎる体育館に驚いた(笑)
流石は全国屈指の強豪チーム・山形銀行さま

この暑さの中…
初日は何と15時Tip Offという殺人的なスケジュール(笑)

2014春東北大会 電力宮城×北芝

電力宮城には何としても宮城1位で通過して東北大会へ行きたい。
でもそうなると東北大会で必ずと言っていいほど福島1位の北芝と対戦するわけで。

今回みたいに4チームしか参加してない状況では回避出来ない対戦。

…分身の術が欲しいです

企業スポーツの厳しい時代ではありますが、
スポーツが会社を地域を元気にする!!!って役割は絶対あると思う…。

どうか企業スポーツが衰退していきませんように…これ以上…。

試合は東北電力宮城とJR秋田が決勝にコマを進めました。


翌日の決勝前。
先に行われたのは女子決勝。

駐車場も満車、男子タジタジデス…。
男子の試合先にやれば何も問題ないのに…なんて思ったり(笑)

2014春東北大会 翔太
女子の決勝を観戦しながらマイペースを貫く#3.Syota(笑)

女子の決勝は互角の戦いなので…W-upにかなり悩みました。
タイムアウトの応酬、延長もあり得るかも?という可能性と体育館の熱気と湿度。
何分で、どこまで上げよう…

迷いながらもイメージしていた時間よりも2分弱、早く終了。

去年の秋の大会は32点差だったけれども、
『自分たちもやれる』という収穫のあった敗戦。

それから半年。
王者・JR秋田をどこまで追い詰められるか…。

2014春東北大会決勝

予想外に、1Q.4-24。

…さすがに思い過ごし、思い込み、何と言われようと自分を責めたのは言うまでもありません。
試合の入りが芳しくない…選手たちを乗せ切れなかったのは、自分のせいでは…?

例え他の要因が起因していたとしても、
選手が実力を出し切れないのはスタッフの責任。
そう思って仕事をしています。

タイムアウトのたびに確認、叱咤、気合い。
2Q.12-13 と盛り返すも前半を16-37で折り返します。

後半の出だしも躓き、6-23。


コートを離れれば、
みんないたって普通のサラリーマン。
個々の意識、努力があってこその今の結果。
本当に頭が下がります。

だからこそ、何とか力になりたいと思うわけで。

コートに送り出すまでが仕事。
そのあとは声の限り叫ぶこと、見守ることしか出来ない。

W-upからモチベーションをあげて、身体もココロも最高の状態に仕上げてあげたい。

毎回同じなんてあり得ない。
だからこそ状況、環境を見極めなければならない。

試合の入りが芳しくない、
波に乗り切れない。

どうしても、そこに責任を感じずにはいられない。


まだまだ、
やらなきゃならないこと学ばなければならないことはたくさんある。

選手たちに負けないように、
もっともっと視野を広くもって勉強あるのみだな、と痛感。


みんな、ありがとう。お疲れさまでした。

賞状2014春
スポンサーサイト
  1. 2014/06/02(月) 11:21:12|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。