HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

役割分担。

選手に怪我をさせないコト、効率よくパフォーマンスを向上させるコト。
それがイシイの役割です。

それがPhysicalとしてのチームにおけるイシイの役割分担だと思っています。
それだけに試合中の怪我や、アクシデントにはすごく責任を感じます。
防ぐことは出来なかったのか。
最善を尽くしきれなかったのか…。


選手が痛みに耐えてリハビリやトレーニングに取り組む姿を見て必ず自問自答します。
怪我や痛みに耐えて初めて感じるコト思うコト成長することもあるとは思う。
けれど、出来ることならそんな痛みなど感じずに現役生活を全うして欲しい…。

201209171235000.jpg

それでも怪我や故障はツキモノである。
起こってしまったら、イシイに出来ることはない…。

応急処置と、その場凌ぎのテーピング。
テーピングは魔法じゃない。単なる気休めでしかないと思ってます。
だからどのくらいやれるのか、どこまでやらせていいのか。
選手やドクター、治療家、コーチ監督との信頼関係がモノを言います。


イシイには信頼出来る治療家の方々がいます。
仙台に2名、福島に1名。

最低限の知識、応急処置、所見は出来るつもり。
それでもイシイだけでは限界があって信頼している治療家さんたちを手を借りなければ
選手の力になれない時が必ずあるんです。
イシイとその方たちとの間の信頼関係って選手に敏感に伝わるもんです。

治療家さんたちのサポートを目の当たりにすると、
自分の無力さにちょっと凹みそうになりますが(笑)

そこは、『役割分担』
自分の専門知識は深く。
繋がる方たちとの知識は浅く、広く。

症状を伝え、選手が望む最良のカタチでサポートして送り出す…。



イシイが信頼している仲間の一人。
困っている方、ぜひ頼ってみてください(*^^)

リンク:Yasumichi Kokubun's Page☆からGo!


スポンサーサイト
  1. 2013/12/26(木) 18:05:10|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。