HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nice Game!!!!

週末、秋田で行われた東北実業団大会に帯同してきました。

イシイは今回2つのチームの帯同で、
順調に勝ち上がると準決勝で戦うというとっても複雑な組合せ

宮城1位と福島1位だから仕方ないんだけれど…。

金曜日の仕事をどうしてもキャンセル出来ず、最終の新幹線で秋田入り。
久し振りに大曲から後ろ走行の新幹線と、初体験の秋田新幹線でした。
最終で秋田に着くのが23:53。
辺りが暗いのと霧がかかっていたので(もはや言い訳…/笑)
駅の出口を間違い、秋田の繁華街で酔っぱらいの中をホテルへ向かって歩きました。
飛び交う言葉が全て秋田弁(当たり前なんだけど/笑)。
ちょっと異空間に来た感じが否めませんでした…。


閑話休題。


翌土曜日。
第一試合から登場したのは福島の北芝。
対するのは宮城の77BANK。

77BANKの女子バドにいたのももう3年前…。
何か他人とは思えないそのblueのユニフォームでしたが。
負けるわけには行きません!!!

今回は、何としても北芝に良い試合をして欲しかった。


『我々はプロではないから』。
実業団選手の置かれている状況は様々です。
勤務や業務もその会社によって大きく異なります。
会社から全く補助のない状態で活動しているチームだってあります。

実業団として、会社の名前を背負いプレーするというコトは
会社への大きな貢献にも成り得る反面、
会社のイメージをダウンさせてしまうことだってあるかもしれません。

そんなプロでもなく、ただ『好き』だけで出来るわけでもない実業団というカテゴリーで戦う選手をいつも誇りに感じています。



プロではないから、勝つことだけが全てではないけれど。
結果が伴わなければやはり苦しいし、歯痒い。

IMG_2257[1]


IMG_2279[1]


北芝電機 戦績
VS.77BANK 100-50 〇
VS.東北電力宮城 69-74 ●

負けて良かった試合何て一つもない。
勝つために戦うのだから負ければ当然悔しさが残る。

大きい怪我こそなかったけれど。
選手全員をベストな状態に持っていけなければイシイがいる意味がない。

その悔しさと、それでも今季のベストゲームと言える好ゲームを魅せ、
北芝電機の東北実業団大会が終わりました。


IMG_2260[1]

IMG_2284[1]


勝ったら、負けたチームの想いも背負って。
この場に来れなかった選手たちの想いも背負って。
応援してくれる人たちの想いも背負って。


それは決して足枷や重いだけのモノではなくpowerに変えられるモノ。

もう何度挑んだ相手だろう。
東北の王者・JR東日本秋田。
同じ実業団というカテゴリーにありながら、我がチームとは全く格が違う。
それでも、『自分たちだっているんだ!!!』と知らしめるためには
牙をむいて立ち向かうしかほかない。



全員で走った。

全員が前を向いていた。

誰もが最後まで諦めなかった。


勝つことよりも、もっともっと大事な『プライド』を懸けて。



前回までとは明らかに変わっていた。
相手に大幅なメンバーの入れ替えをさせることなく、40分間を戦い抜いた。
その手応えは自信になったはず。

王者の首に、引っ掻き傷以上の爪痕は残せたと思いたい。



VS.JR東日本秋田 69-101 ●


結果的には負けました。
準優勝です。

それでも何と秋季大会は10年振りの準優勝!!!!
全員で勝ち取った準優勝でしょう!!!



応援してくださる方々、快く送り出してくれる職場の方々、
ツラい練習を共にする仲間、スタッフ。

全てに感謝して、次への活力に!!!!


IMG_2294[1]


今シーズンは3月までですが年内の大会はこれで終了。

もっともっと、選手の力になれるよう精進せねば。
イシイもまだまだ進化を遂げねば!!!!


這い上がれ。

前へ、上へ。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/20(水) 14:53:17|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。