HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運命ってやつ。

『運命の出逢いとは。

 一瞬早過ぎず、でも一瞬遅過ぎないタイミングで出逢うこと』




この言葉に自分自身が救われたこともある。
手を差し伸べたくてこの言葉を贈ったこともある。


『運命』ってやつは、何も恋愛だけじゃないと思う。
生きてると色んな『運命』を感じる。


あの日、あそこに行かなかったら。
あの時、あの人と出逢ってなかったら。

果たして今の自分はどんな自分だったのか。
もっと良くなってたのかも…なんて思いたくはない。
人生、毎日、一瞬一瞬が選択の連続で、
その時その時真剣に考えた結果の未来が今だと思うから。



今、自分の中で大きなことにチャレンジしようとしてます。
2020東京オリンピックに出場するラガールをこの手で発掘、育成したい!!!!

2016年リオ五輪から男女7人制ラグビーが正式種目に。
2019年ラグビーW杯が日本で開催。
2020年東京五輪開催決定!!!!


ラグビーにとってこんな追い風は二度とないかもしれない。
自分自身もオリンピックや世界大会に
これほどまで関われるかもしれないチャンスはこれが最後かもしれない。


どこかにまだ。
選手でやってみたかったという自分がいる。

挑戦して来なかったのも事実。
挑戦出来る環境がなかった…といえば言い訳になる。


せめてあと5年早く女子ラグビーに出逢っていたら。
イシイの人生変わっただろうか。
今からでも挑戦出来ないわけじゃない。
でも、どこかで諦めてしまってる自分もいる。
でも、諦めきれない自分がいることもまた事実。



そんな気持ちをちょっと話したら、
こんなことを言ってくれた方がいます。


『そういう人間の方が、
 何とかしてあげたい、
 何とかしてあげようって
 一生懸命になれるからその方がいい』
って。



あぁ、そうか。

そうなのかな?そうなのかもなぁ…って
ちょっと納得。


小学生の頃の将来の夢はバレーボールの全日本の選手。
近くにスポ少もなければ、中学校もそこそこのレベル。

中学校3年にあがる春休みに大怪我して最後の中体連棒に振って、
挙句に医者から『バレーは辞めた方がいい』なんて言われて。

高校でソフトボール。
弱小でした(笑)でも、精一杯やれて良い想い出。

専門学校時代は再びバレーボールに復帰。
初めて小さな大会だったけど優勝した。


選手としては、いい成績なんて無縁だった。
でも、上手くなりたかったし強くなりたかった。
もっともっと挑戦できる環境に自分を置いてみたかった…。


その想いが、今の自分を突き動かしているのかも。


頑張った結果が出れば自分のことのように嬉しい。
よくやった!!!って抱きしめたくなる。

悔しさで崩れそうな背中は見たくない。
あとでいくらでも受け止めるから、戦い抜け!!!
って背中を押したくなる。


選手に寄り添って、選手の為に…
そして、選手に自分の果たせなかった夢や希望を遠くに見たりして。

だから自分のことのように必死になれるのかもしれない。


トレーナーを志したのもきっと『運命』。

だとしたらこのタイミングでラグビーにこれだけ携われたこともまた運命。
まだまだ競技人口の少ないこの女子ラグビーで、
頑張っている人たちの支えになりたい。

そういう人もいなければ夢はかなえられないんだ。
イシイはきっと、そうやってサポートする役目が運命だったんだ。

だって、トレーナーは天職だと思っているから。
この仕事が好きだから。



たまにふつふつとわき起こる『羨望』に似た気持ちを押し殺さずに、
大切に共存していくことがきっとアタシのトレーナーとしてのcolor。


運命の出逢いだったんだな、あのトレーナーの先生。
あの時出逢わなければ志さなかった今。


自分も誰かにそういう存在になりうるかもしれないという緊張感を持って
天職だと思うこの仕事を精一杯全うしなければ、と思う今日この頃です。

524481_355032784629401_470155992_n.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/09/22(日) 00:54:42|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。