HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕の前に、道はない。


僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る



TVのCM等でも使われているキャッチコピーですが、
有名な高村光太郎氏の詩の一説です。


それと似たような言葉で、某邦画でのキャッチコピーに



誰かが行かねば、道はできない。

という言葉がありました。
すごく好きな言葉です。
「道」というのは、人間が歩いて行ける道のコト。
動物が通る道は『獣道(けものみち)』
 

でも。

最初から『道』があるわけではなく、
誰かが最初に歩いて「ここは通れるぞ」というルートを開拓しないと、
他の人も通れるような道には絶対にならないわけで。
そして、最初に道を拓こうとした人は、
危険な目に遭ったり、あるいはケガをしたり、命を落としたりすることだってあるかもしれないわけで。



しかし。

「誰かが行かねば、道はできない!」と勇気を出して進む人は必ず現れるわけで。


道なき道を進み、誰も行かなかった新しい道を行く人の心情が、
冒頭の高村光太郎氏の言葉に凝縮されているんだなと思います。





久し振りに、かつて関わっていた選手からLineでメッセージが届きました。
その選手との想い出はすごーく短くて、半年もなかったはず。
彼が中学3年生の時のJOCの練習で出逢いました。

高校に進学してからも、私が関わっていたチームとは違ったけれど
よくトレーニングの相談に乗ったりしていました。
大学へ進む直前の春休みにも一緒にトレーニングしたりしました。



そんな彼も、あっという間に大学3年生になり。
就職活動の時期を迎えたというメッセージで。


就職活動するにあたって、自分のしたいことは何だろう…と考えた結果。
辿り着いた答えは…

『アスリートも指導出来るようなトレーナーになりたい』

だったそうです。
ゆくゆくは2020東京オリンピックに携われたら。

驚きでした。
彼の進んだのは体育大でも専門学校でもなかったし、
彼は選手として大学へ進んで、インカレも出場していました。


選手としての道を選ぶことはないだろうと思っていましたが
まさかトレーナーとは…(笑)

トレーナーになって、7,8年が過ぎた頃。
初めて母校の新入生用パンフレットの撮影依頼を戴きました。
選考理由は女性でこの現場で活動している数少ない卒業生だから、ということ。

烏滸がましい言い方かもしれないけれど、
後輩たちの勇気になれれば、と思っていました。
トレーナーを志すというのは結構な覚悟が必要だと思います。
安定した収入があるわけでも、地位が確立されているわけでもない。

そんな中で自分のビジョンを持って信念がぶれなければ
どういった形であれ実現出来る、自分次第だと。
そんな勇気を魅せられたら…と。


先日の記事にもアップしたように今回3回目のパンフ撮影のお話を戴きました。
そして有難いことに-…今まで関わった選手たちの中で3名いました。

『イシイさんのような仕事がしたい』



驚きと嬉しさと照れ臭さと。
それと同時に、身の引き締まるような想いにも包まれました。



後輩たちが道を切り拓きやすいように、その先陣に立って…と。
学校に何度か授業で関わらせて戴いたりして、そんな想いはありました。
でも、それは『トレーナー』という職業を志して学校に入学してきた後輩達への想い。


まさか、自分が関わった選手たちからそんな言葉を聞くとは…。


それだけ、自分の仕事や関わり方が選手たちに影響を与えたということ。

決して手を抜いて仕事をしてきたことはありません。
それでもそんな言葉を聞くと、こんな自分でも
選手に対して影響力というものが少なからずあるんだと改めて自覚します。


この道を志して良かった。
この人に会えて良かった…。


そう思ってもらえる存在にならなければ。

トレーナーなんて決して華々しいスポットライトを浴びる仕事ではありません。
縁の下の下の下の、力持ち。
選手の為にどれだけ自分の全てを懸けられるか。
地味だけど、絶対絶対なくてはならないポジション。


少なくともイシイはそう思っています。

いいところだけがクローズアップされがちな職業でもありますが
いかに地味に地道に選手やチームの為に動けるか。


決して表舞台に出る職業ではないこと。
人一倍『人間力』も問われる職業であること。
誰よりも努力と向上心が必要な職業であること。


道を切り拓こうとする後輩たちに伝えていかなければならないことだと思っています。


DSC_20130912.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/09/12(木) 17:05:18|
  2. HOME
  3. | コメント:2

コメント

毎回思ってますが、いいこと言うね!
  1. 2013/09/13(金) 20:02:44 |
  2. URL |
  3. しょうた #-
  4. [ 編集 ]

ありがとーっ(≧∇≦)
しょーたくんの背中も、尊敬しながら追っかけてます☆
  1. 2013/09/13(金) 20:40:01 |
  2. URL |
  3. ISHII #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。