HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神様の、いじわる。

 
ドタバタ過ぎてった8月…。
もう9月です。早い…。


朝晩だいぶ涼しくなって過ごしやすくなりました
…なーんて思っていると残暑が厳しかったり台風来たりするんだろうな…


さて。

ラグビーもバスケも本格的にシーズンに入りました。
NBLも今月末から、ラグビートップリーグも開幕しました!!

約1ヶ月の猶予を経て、21日から村上杯も再開!!
選抜チームに選ばれていた選手も戻ってきてようやく全員揃います!!!


さてさて。

先月、高専の定期戦がありました。

くるみ合宿①


直前のスコールというアクシデントもありましたが、ちゃんと晴れたし
これで怪我なく、最後までいい試合が出来たらいいなぁ…と。
今回は広瀬サイドでお手伝いをしながら見守っていました。


『怪我の常習犯』
とあだ名をつけたくなるくらい、
5年間怪我とともにラグビーに打ち込んできた選手がいます。
珍しく、今年は大きな怪我もなくここまで来ていたので
10月の東北大会まで何とかこのまま…と思っていたのですが。


前半も終盤に差し掛かった辺りでした。
直感的に『ヤバい』と感じたのですが…やはりアンハッピートライアット。
最後の東北大会のピッチに立つことが厳しい結果となりました。


今までは定期戦や合同練習で会うたびに『怪我』の話がネタで笑っていましたが
今回ばかりは…

病院に行く直前まで、彼は東北大会のピッチに立つことを信じていたと思います。
自分の提携チームの選手でないにしろ、イシイもちょっとショックでした。




そして。

先月出逢って直感で『この選手、応援したい!!』と思った大島さん。
合宿中に首を痛めて戦線離脱。

それでも前向きに頑張る彼女の姿にぐっとくるものがありました。


8559_355970877868809_1296031199_n.jpg


彼女とはちょっと言葉を交わしただけ。
でも、ラグビーに取り組む姿というか力強い瞳がすごく魅力的で、
年齢も近い彼女に自分の想いを重ねた…といえば大袈裟ですが、
すごくすごく応援したくなりました。

正直、彼女に出会うまで彼女のことは知りませんでしたが、
2016年のリオ五輪、2019年のW杯と彼女が大活躍して、
同年代の女性たちに勇気を、
彼女に憧れ目指す少女たちに感動を与えて欲しいと思いました。



スポーツに怪我はツキモノ…とよく言われますが。

怪我して気付くこともある…とよく言われますが。



出来れば出来るコトなら大きな怪我などせずに現役生活を送って欲しい。
それはイシイがトレーナーを志した頃からずっとずっと思っていること。


そのためにカラダの使い方、動かし方、バランス能力、筋力…
あらゆる知識を選手に伝え、自分のモノにしてもらう。

きっと、これに終わりはない。
パフォーマンスが上がれば上がるほどその感覚は研ぎ澄まされてきて、
それに見合ったトレーニングを提供する必要があるから。

まだまだ、イシイも勉強不足です。
もっともっと勉強したいし、色んなこと知りたい。

自分の大切な選手たちのために。
でもこればっかりはイシイの想いだけでは何ともならないのです。




神様は、乗り越えられない試練は与えない…とよく言いますが。

そんなにツラい試練って必要なんですか。
きっとこの先の自分の為に必要な試練なんだって、
言い聞かせて人知れず涙を流して気持ちを整理して。

怪我、以外の試練はないんですか…?


何も出来ない自分が歯痒い。
選手が怪我するといつも感じる。


努力は裏切らない神様だ。
ただ、気紛れな神様だからいつご利益があるかわからないけれど
必ず、ある。神様は見てるから。


それならば。

どうしても思わざるを得ない。


神様は時として…いじわるだ。



でも。

悲観してばかりもいられないから。
そんな想いをする選手が一人でも減るように。

自分に出来る精一杯のコトをやるために
これからも精進します。



高専名取、広瀬 両ラグビー部の健闘と
大島千佳選手並びに女子日本代表ラグビーチームに心からエールを送ります。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/02(月) 11:30:33|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。