HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涙。


高校野球の熱戦が、毎日繰り広げられています。


年々、試合開始の整列だけで泣きそうになります(笑)
年取ったなぁ…って思う(笑)

だってだって!!!!

ココに来るまでどんだけ頑張ってきたんだろう…とか、
身近な選手たちに重ねてしまうのです。職業病…

甲子園


私立と公立では環境に違いがあり過ぎる。
勿論、その環境の違いを分かったうえでその高校へ進むことを決め
みんなそれぞれ甲子園を目指すのだろうからそれは言い訳に過ぎないのかもしれないけど…。


一発勝負の一瞬一瞬に懸けるその姿は本当に美しい。

高校野球だけがここまでクローズアップされるのはなんでだろう…なんて
疑問もありますが、ここでは置いといて(笑)


3年間、一度も背番号を貰えない選手だっているだろう。
それが3年間ともに頑張ってきた仲間をスタンドから声を張り上げて応援する。
そこに至るまでだって相当な葛藤もあったはず。

かたや3年間ずっと試合に出続けてきた選手だっているだろう。
その選手だって、出られない選手がいることを知っているから
自らの努力を怠らず練習に励む。

自分の手元を離れ、頑張る子供を応援し続けてきた両親。
その有難さもきっと、子供なりに選手たちだって感じているはず。


そういったそれぞれのドラマがギュッと凝縮されている。
甲子園だけじゃない。一生懸命にはすべてそれぞれのドラマがある。


己の全てを懸けて頑張る選手を応援したい。


イシイに出来る全てで、応援したい。

自分には何が出来るのだろう。
自分の想いは、どこまで届くのだろう。




下手に脚色されたドキュメンタリーなんかよりよっぽど胸が熱くなる。


流した涙に込められたそれぞれの想いが痛いほど伝わってくる。
頑張った者だけが、涙を流すことを許される。


頑張っていない者に、涙を流す権利なんてない。
流すだけの努力はして来たのか…?


愚痴をこぼす前に自分に問いかけてみて欲しい。
まだ、自分に出来ることはないか。
出来ない現状を誰かのせいにしていはいないか…。



そんな本気に触れられる現場にいられる今の自分の現状が
とても幸せだと思います
スポンサーサイト
  1. 2013/08/15(木) 20:29:23|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。