HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

強い気持ち、強い愛。


2013オール宮城の戦いが終わって何だか祭りのあと…なイシイです(笑)


選手たちはそれぞれやはり悔しい想いを前面に曝け出し、
リベンジを誓う声がたくさん聞こえてきました。

その想いの炎を消さずに自分のチームに持ち帰って
宮城ラグビー界のボトムアップに繋げて欲しいと思います。


さて。

タイトルの『強い気持ち、強い愛。』
同フレーズを含む歌を口ずさめる方は同年代以上の方かと(笑)


閑話休題(笑)





『強さ』って何だろう。



大舞台に臨む選手たちは皆それぞれ強いです。
勿論、大舞台じゃなくても強さが必要な場面に直面することは多々あるはず。

サッカーのPK,バスケのフリースローとか。
一発逆転、最終回に回ってきた最後のバッターとか。


様々な場面で『強さ』って必要です。



強気な態度、発言だけが強さじゃないと思うわけで。



イシイ、実はすんげぇ『ビビり』の緊張しぃです。こう見えて。
(嘘だー!!!って言ってるの誰ですか-?/笑)
選手として大舞台を経験したことなんてありません。
運動会のリレーの選手選考でだって緊張しちゃいます(笑)
点数ビハインドで回ってきたサーブの順番とか、
1点リードで迎えた最終回のマウンドとか。
んもぅ心臓ばっくばくです


だからトレーナーとして強豪チームや選抜チームと関わって感じたのが
選手たちの強さ。自分が、上に行けなかった理由がわかる(笑)


ところが、トレーナーになってからの方が自分自身強くなった気がします。
どんな勝負がかかった試合でも緊張しません。
勿論、自分が試合に出ないからでしょ、と言われてしまえばそうかもしれないけど(笑)


職業柄なのか、冷静に戦況を見守るコトが出来るようになったんだと思う。
それと同時に自分の役割、それぞれの選手の役割、性格。

色んなものひっくるめて、
『今、自分がココにいる意味』を自分自身が理解しているから。



褒められて伸びる選手、叱咤されて奮起する選手。
逆境に強い選手…それぞれみんな違う。まして選抜チームであれば
それぞれのチームのカラーや環境の違いがあるから尚更。


普段から選手とコミュニケーションを取るコトが
ここぞという場面で選手にどんな言葉をかけたらいいのかっていう決め手になる。


いかに端的に且つ、力のある言葉を掛けられるか。
言葉をいかに操れるか、もトレーナーの必要要素だと思う。

良い言葉を羅列するだけでは響かない。
その場その場でその選手の心に一番響く言い方で、言葉で投げかけなければ意味がない。



それにはまず自分がどんな状況にも、臆しない動じない強い気持ちと
どんな状況下でも信じ支えぬく強いチームや選手への愛がなければ、
アタシから発せられた言葉はただの薄っぺらなモノでしかなくなる。



思い上がりかもしれないけれど。


その時自分が掛けた言葉や差し伸べた手から選手がpowerを貰ってくれたら。
諦めかけた、失望しかけた自分へを鼓舞するきっかけになってくれたら。



そう思って、試合中はともに戦っています。



うなだれたり、膝に手をついたり、天を仰いだり。
選手にそんな姿が見えたら、何とかしたいと思う。



諦めないで、とかそんな陳腐な言葉じゃなくて。



もっともっと、感情的で強い気持ち。
差し伸べた手や、視線から伝わる強い愛。
それを確信付ける端的な言葉。


勝ち負けだけじゃない。
最後の最後まで戦うためのpowerを選手に届けたい。



それが試合中、自分の出来るコトだと思っています。



だから、良いか悪いかは別として普段から冷静かつ、すっごく感情移入します(笑)
このバランスを保つのはすごく難しいけれど…。


そうやって強い気持ちと強い愛で見守った選手たちの雄姿に
勝敗がどうであれ涙が溢れて来ます。


悔し涙もあれば嬉し涙もある。


出来れば悔し涙なんて誰にも見せたくない。
嬉し涙だって、出来れば見せたくない(笑)



トレーナーを志して16年。


知識やスキルももちろん必要だけど、
『人間力』をもっともっと磨きたいな…と思う今日この頃です。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/18(木) 11:44:25|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。