HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さぁ、始動!!!


いよいよ、明日。
第一回目となるプロジェクトが動き出します

宮城県ラグビー協会による、『女子ラグビー練習会』!!



ご存知ですか?
2016年のリオ五輪から7人制ラグビーが男女とも正式種目です。


イシイは前半、フィジカル講習会の講師。
後半は何と選手として講習会を受講します
当然、ラグビー経験ゼロ。トレーナー経験だけは今年で早5年目となる競技ですが。
自分でまさか30越してから挑戦することになるとは思ってもみませんでした(笑)


『ラグビーは少年をいちはやく男にして、
男に永遠の少年の魂を抱かせる』



どっきゅん、と来た名言その一(笑)


というくらい、ラグビーって本来『男臭い』スポーツであると思っています。

1093.jpg

身体をぶつけ合って、仲間の為に体張って。
怪我もする、血だって流す。
危険なスポーツだと思っている方々も多いでしょう。

以前ならス〇ールウォーズとかあんなイメージで…(笑)
女子が楕円形のボールを持って走る、なんて誰が想像したでしょう(笑)


イシイでさえ、ラグビーは男臭く、まさに漢の中の漢、King of sportsである、と。
今このご時世でこんなことを声を大にしては言えませんが…
男性だから、女性だから、出来るモノ出来ないモノ、あると思っています。

サッカーや野球、アイスホッケー、レスリング、柔道。
以前は男性だけの競技だったものも今ではすっかり女子にも定着した競技になりました。


それでもイシイは思う。
甲子園と花園だけは…男性の聖地であって欲しい(笑)


閑話休題。


何が言いたいかっていうと。
競技として成立する以上、女子でもやれるんだということ。
そしてそれは男性の競技とは全くのベツモノであってもいいのでは、ということ。


これは、イシイの勝手な解釈です。

先にも述べたように男性だからこそ、女性だからこそ、といった特色が必ずある。
従来のラグビーが荒々しく、男性的なイメージのスポーツとするならば。
女子のラグビーは新たな、女子にしか出来ないスポーツにすればいい。

大きな男たちが駆け抜けていたのと同じピッチの上を、
約半分の7名で駆け抜ける。

楕円形のボールを携えて、華麗に颯爽と駆け抜ける。
女から見て『カッコイイ』女、女の中の女!!!いてもいいじゃない!!!


もともと、ラグビーは紳士的なスポーツです。
『One for all,All for one』の言葉にも象徴されるように
自分を犠牲にして仲間にボールを託す。
『個』の強さは必要だけれど『和』と『尊厳』がなければ強くはなれない。

一昔前で言えば家庭は女性が守るモノ-…なんていわれていた頃もありますが、
まさにそんな女性だからこそ、耐えて、守って、攻める。
大切なものを守るために自ら戦うことだっていざ知らず。


八重の桜-…
『この時代、咲いてやろうじゃないの』。


まさに、それが女子ラグビー。
従来のラグビーとは違う、女子の、女子だけの、女子による女子のための競技。



そんな素晴らしいスポーツの底辺拡大のために何か出来ないだろうか…
その答えが今回の選手登録に至りました。

まだまだ競技人口が少ない東北。
フィジカルトレーナーとして怪我をしない、
最大限の能力を発揮出来る動きづくり身体づくりを広め、
スキル能力やセンスはなくても試合に出なくても(笑)
一緒に動いて走ってこのスポーツの魅力を伝えることが出来たら…


今だから、イシイにだから出来ることだと自負してます。

東北からオリンピック選手を!!!!

どこまでやれるかわからないけど。
出来る限り頑張りたいと思います

100426_070809.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/06/29(土) 22:17:30|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。