HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

信念。


やっと資料作成終了~…
今回は某学校のリーダー研修会で捻挫や打撲の応急処置から、
適切な水分補給、熱中症対策等など…の安全講習?の講師をさせて戴くことになり、
その資料作成。

肩バッキバキです(笑)


自分の信念を見つめなおす、心に刻み直す瞬間がたまにあります。


先日久々に、
立て続けに目の前で選手が怪我する瞬間に立ち会ってしまいました。
正直、ショックな日です。
アップからずっといたし、体育館のサーフェスも悪くなかった。


結果的には古傷の捻挫の再発と前十字損傷。
後者の方は結構堪えました…



トレーナーである以上、選手と同じ苦しみは背負いたい。
勿論、苦しみやツラいコトだけじゃなく喜びも分かち合いたい。



そして出来るコトなら怪我のない現役生活を…といつも思う。




自分には何が出来るのか。


今回だけじゃない。
もう何度も、怪我の瞬間を目の当たりにした。



起きてしまったその怪我は、防げなかったのか。
勿論、予測出来ない怪我もある。仕方ない…で片づけたくはないが
相手がいる以上、そういう時もある。



出来るだけ、選手に後悔はしたくないしさせたくない。



みんなみんな、極上の喜びを味わうために
たったその一瞬のために、
何倍も何十倍も、何百倍もの努力や我慢、鍛錬を重ねる。



悔しさは、心の中に巣食っていつまでもちくちく痛む。
痛みという感覚があるからかもしれないけれど、
その痛みをPowerに変えて、越えようと努力する。



ただ一瞬の、極上の瞬間のために。


勝利の余韻なんて長くても2,3日だろう。
それ以上は浸るもんじゃないと思う(笑)
でもあと一歩で負けた悔しさやあと一歩及ばなかった記録には
悔しさや後悔が残り、次のチャンスが来るまで
ずっとずっと心の中に巣食って痛めつける。



だからこそ、選手たちは努力する。




今回、去年の雪辱を見事に晴らしたラグビーのオール宮城の選手たち、
そして久々に目の前で立て続けに怪我をした選手たちを見て改めて思ったコト。




それは。




そんな選手たちに恥じない自分でありたいというコト。
そんな選手たちに胸を張ってサポート出来る人間でありたいというコト。






トレーナーである限り、忘れてはいけないことだと
強く強く感じさせてくれた2つの出来事。





もっと、もっと頑張ります。


関わりのあるすべての選手、指導者の方々に深く感謝します。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/13(木) 11:11:06|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。