HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

約束。


昨日、日体協からジャーナルが届きました。
表紙を飾っていた言葉は『あきらめない』。


SJ201205.jpg



どの年代を相手にするかで伝え方だったり伝えたいものは当然、変わる。


あくまでイシイ個人の考えですが。

小学生までは運動は『楽しいもの』。
それが最重要項目。

中学生くらいになれば、スポーツの楽しさ、面白さ。
勝つことも大事だけど、そこに至るまでのプロセスだったり、
やっぱりそのスポーツそのものに愛着を持ってもらうこと。


ここからが難しくて高校生以上…ならある程度『勝利』に拘るコトも出て来る。
高校よりも大学やプロ、セミプロ…の域になるとどうしても
『勝つこと』を余儀なくされる場面が出て来なくもない。

当然、勝てなければ楽しくないし、かといって勝つことに執着し過ぎて
大事なものを見落としてしまってもよくない。これは特に高校生に当て嵌まると思う。

勝つコトよりも、やっぱりそこに至るまでのプロセスだったり
自分を支えてくれている人、関わってきた人、関わっている人。
自分を取り巻く全てに対する感謝の心だったり…
大袈裟な言い方をすれば、『人として大切なもの』も、スポーツを通して伝えたい。




今でこそ、自分が指導者』とい立場で関わるコトの多くなったスポーツの現場ですが
同じくらい、自分も選手から教わること、学ぶことたくさんあると思う。



でも、どの年代にも伝えたいことって何だろう。


感謝するとか、そういうことも大事だけれど
それより何より…『諦めない』こと、じゃないかな。


いちばん簡単そうで、
いちばん難しい、自分との約束。


スポーツの現場に限って例を挙げれば
自分がどんなに頑張ってもチームでレギュラーに入れないし試合にも出れない。
そこでつまんない、とかどうせ、とか思ったり。
やめちゃおうかななんて考えたり。

でもそこで試合に出られないけれどこのスポーツが好きだから、
このチームの仲間と少しでも長く一緒にいたいから、
チーム内で自分の役割を探して徹する…

なかなか、出来ることじゃないです。
だってやってるからにはやっぱり悔しいし、ツラいと思うこともあるはず。

諦めない心は、どれだけそのスポーツを愛しているか。
そこが原点な気がします。
好きこそもののって、そういうことじゃないのかな。

好きだから、頑張れると思う。
どんなに辛くても諦めないで頑張ろうって思える底力は好きかどうか…


例えば学校の運動部の顧問の先生。
自分の専門じゃなかったり、運動が苦手だったり…
運動部の顧問の先生みんなが運動大好き!!運動得意!!!ってわけではないと思います。

でも学校の運動部の先生ってスキルや戦術教えるだけじゃないと思う。
普段の学校生活を見ているからこそ掛けられる言葉も、見れる『視点』もあると思う。
そして何を教えてくれるわけじゃないけど、あの先生は毎日来て見てくれるっていう信頼感。
何も教えられないけれど、頑張っている子供たちが好き。
それだけでも子供が好き、だから毎日練習に顔を出す。
見てくれてる人がいるって頑張れる一番の力になると思う。
スキルや戦術は教えられなくても相談には乗ってあげられるかもしれない。

そしたら、その先生はその子にとって『諦めない』心の支えになれるかもしれない。

それぞれがそれぞれの立場で、
何を大切に考えて何に力を注ぐか。


それが結果的に『諦めない』ことへ繋がると思う。

どうせ何も出来ないから…と諦めて練習に行かないまま、
思うような成績も満足感もないまま生徒が卒業したとしたら。
絶対にいい気分にはならない。どこかにしこりが残るはず。



諦めない。


いちばん簡単そうで、
いちばん難しい、自分との約束。


諦める。
どうせ、もういいや。


いつでも出来て、とっても簡単。

でも、たいていの人はずーっと後になって
『あの時…』って思うことがあるはず。


諦めなければ良かった。
やめなければ良かった。


そんな後悔は苦しい。

悪足掻きしてもがいて…それで得た結果ならどっちであれ、
きっと納得がいく。

諦めなかった自分を誇りに思える。


だから。


イシイは絶対諦めない。
自分のことも、自分の関わるチームや選手やすべてのことに。


まわりが『絶対無理だよ』って言っても
イシイだけは最後まで信じたい。

その『絶対無理』が覆った時に、信じてあげなかった自分が最低だから。
それだけは絶対に嫌だから。


t02200174_0450035511096714834.jpg


『信じる』ことは『諦めない』こと。

どっちも一番簡単そうで、一番難しい…
でも、一番大切な…


自分とかわす約束です。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/22(火) 13:09:59|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。