HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TEAM


今年も箱根駅伝が幕を閉じました。


イシイ個人としては日体大の30年振りの優勝はすごく嬉しいです。

何故か。


今回、日体大は予選会からの出場でした。
実は日体大、前回大会は過去最低の19位。


監督は戦いが終わるなり選手たちを目の前にある爆弾発言をしたのです。
『新しい主将は4年生からではなく、3年生の服部で行く』


これは後日報道で知ったことですが、
その当日夜、4年生が監督のもとを訪れ『俺にやらせてください』と直談判したとか。
だが、逆に「力不足のお前ら4年生には任せられない。オレについてこないならやめろ」と返されたそうだ。


この4年生の中には高校時代、服部選手の先輩もいて、その先輩が高校時代は主将。
それが大学の体育会で立場が逆転するとは夢にも思わなかっただろうと思う。

ただ、服部選手には実力があった。
1年から箱根を任されたランナーだった。

4年生の言い分。
下級生の言い分。

それぞれが不満や言い分ややりにくさを感じながら、
それでも学年という垣根を超え、一つの『勝つため』という目標に向かって
チームが一つになった日体大はやはり強かったと思う。

期待とか不安とかきっと全部一人でしょい込んで苦しい時期もあったんだろうな。
だから、往路5区の服部選手の力走は泣きそうになったし、
4年生主体の復路完全優勝を見て,喜ばずにはいられなかったのです。



グループとチームは違う。


チームとは
『仲間が思いを一つにして、一つのゴールに向かって進んでゆける組織』


闘う集団は、グループでは勝利は望めない。
あくまでチームでなければならないと思う。


チームである以上、ピッチやコートに出ている選手だけでなく
控えの選手、ベンチ入りに漏れた選手、コーチ、トレーナー、
応援してくれている人たち…


チームを取り巻く環境の良さがチームをまた強くする。

関わる人が多ければ多いほど。
その人たちのベクトルが寸分の狂いもなく同じ方向へ向けられていること。

一つの目的の為にくだらない垣根を越えて意見をぶつけ合えて
時には取っ組み合いの喧嘩をしてでも芯の通った『目的』があること…。


それが強いチームの条件。


チームを構成する一人のトレーナーとして、
今まで以上に責任感を持ち、選手を全面的にバックアップしていきたいと思います。

1294038265_2.jpg



明日は、仙台高専名取、2012-2013全国大会の初戦。


心も身体も解れるいい試合になるよう、福島から祈ってます。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/04(金) 21:57:59|
  2. HOME
  3. | コメント:1

コメント

信仰人( ´艸`)
  1. 2013/01/10(木) 10:09:05 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。