HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

諦めない。


パラリンピックで日本人選手が日々、熱戦を繰り広げています。
何故、メダルを獲得してもオリンピックのような報道がないのか…

不思議でなりません。


イシイ、トレーナーを志した時は障害者スポーツに関わりたいと思っていたこともありました。
何の知識もなく、純粋に近くで練習やってるよと教えられたのがきっかけで
車いすバスケットから障害者スポーツを知り、興味を持ちました。


色々な事情があってその道に就くことはなく、今のイシイがあるわけですが。


もっともっと、注目されてもいいと思う。


今、日本勢がいくつのメダルを獲得しているか知っていますか?
どんな種目があるか知っていますか?


偉そうに言えるほど熟知しているわけではありませんが、
20種目で熱戦が繰り広げられています。

車いすバスケットが一番メジャーな気もしますが
そのほかにもシッティングバレー、車いすテニス、車いすフェンシング、
ウィルチェアーラグビー。


調べて初めて知った競技がたくさんありました。



障害といっても先天的に付き合ってこられた選手もいれば、
後天的に付き合っていかなければならなくなった選手もいます。



随分前ですが、高校バレーのトレーナーをしていた時の県大会に、
片腕が肘から下がない選手が普通にユニフォームを着て
チームメイトと戦っている姿を観て感動しました。


その姿を見て、思わず足が止まり見入ってしまい涙がこぼれました。
それをみた先生が、そっとつぶやいた言葉。

『泣いたら、同情になる。』

『彼にとっては普通のことなのかもしれないじゃん?』



『障害』と思うか、『個性』と思うか。
ちょっと不便だけど、全然生活していけるよって思っているのかもしれない。



残念ながら、イシイにはその心を図り知ることは出来ないし、
知ったかぶりで分かったつもりにもなりたくない。
勿論、本人に追及するわけでもない。


ただ、彼が今そこでプレーしているのは
きっと『諦めなかった』結果なんだな…と思ったわけで。



自分の立場に置き換えて…というにはあまりに陳腐だけど。

もっともっと現状を打破する方法というかエネルギーはあるんじゃないか、と。
その時も思い知らされたことを覚えています。



49_1_34.jpg


八方塞なときもあるかもしれない。
でも、まずは自分が諦めたら叶う夢も叶わずに終わる。


叶わないかもしれない、なんて思う暇があったら
絶対叶えてやろうって諦めずに本気になった方がきっと楽しい。


本気ですれば、大抵なことは出来る。
本気ですれば、何でも面白い。
本気でしていると、誰かが助けてくれる。


誰の言葉だったか、定かではありませんが
駆け出しの頃、お世話になった方が教えてくださいました。



オリンピックだけじゃない。

勿論、パラリンピックだけじゃない。



本気で全力な姿ほど美しいものってないと思う。


色々なしがらみや邪魔するもの、環境…
巧くいかない要因はいつも多々ある。

それでも、困難が多い方が達成した時に得る喜びは極上に違いない。
そんなこと言っても戦っている時はすこぶる苦しい。


その状況下で以下に諦めない心を貫けるか。

諦めない心と信じる心で選手を最後まで支えるトレーナーでありたいと
ずっとずっと思って歩いてきました。

そして、これからも。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/07(金) 11:51:27|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。