HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

意地と誇りと。

連日、オリンピックの速報やハイライトが映し出され
我が家もオリンピック一色です。熱帯夜に負けないくらい熱いです(笑)



毎日、涙が止まりません(笑)

一生懸命やっている姿の裏にはそれぞれのドラマがある。



メダルが、すべての国もある。

メダルよりも、残るものだってある。




どうしてもメダルという言葉が飛び交うオリンピック。
勿論、期待してしまう気持ちもわかるし取らせてあげたいとも思うわけで。



普段からプロとして活躍している選手もいれば
半分プロ、半分は企業戦士サラリーマンの選手だっている。


それぞれの立場からそれぞれの戦い方があってしかるべきだと思う。


波紋を呼んだなでしこジャパンの予選2位通過。
賛否両論飛び交ってますが…あのメンバーで負けに行ったわけではないでしょう?
控えだから相手に失礼…それは違うと思う。
相手にしたらナメられた、と感じるかもしれない。
でも、金メダルを取るために最高の選手団を結成したのなら誰が出ても勝ちに行くはず。

控えの選手にだって応援してくれている人、支えてくれている人やそしてファンがいる。
Aチームだけが日本代表選手じゃない。

メダリストたちは口をそろえて言うじゃない。
『自分一人の力でとれたメダルじゃない』って。



何がフェアで何がアンフェアなのか…


一概に、言えないのではないかな…と切なくなります。
勝利至上主義社会が生み出した矛盾なのかな…と。




すべての選手がそれぞれの誇りと意地を背負って全世界が注目する大舞台に登場する。
必死だからこそ、勝利への執着心が時に選手をアンフェアにする。


言い換えれば誰もがアンフェアになる可能性はあるんじゃないかな…
だから、レフリーがいるわけで。
でも、そのレフリーも人間だから感情もあるしミスもする。

選手たちが全てを懸けて臨む舞台だからこそ極力ミスはない方が良い。



意地と誇りのぶつかり合い。

必死だからこそ、心が揺さぶられ熱くなる。



スポーツの神様。
どうか選手全員が怪我なく無事に全力を出し切れますように。


全力を尽くした後に、勝ち負けや喜びや悔しさや言葉にならない感情の他に…

この舞台に立てたことの誇り、
支えてくれた人たちへの感謝、
そしてここまで頑張ってきた自分自身に。


素直に達成感や感謝の念が満ち溢れますように。


誰もがそんな清々しい気持ちになれたら…
スポーツはきっと世界を平和にする梯になると思う。

…なぁんて言ったら大袈裟ですか?(笑)



舞台は違えど、これから自分たちの夢に挑戦する
仙台高専名取ラグビー部、東北大学女子ラクロス部。

そして意地とプライドをかけて戦いの舞台へと向かう社会人選手の
東北電力宮城男子バスケ部。キャプテンは地元の国体選手として今、頑張っています。

それから、今年が国体15人制ラグビーがlast yearになる
成年ラグビー・最高の寄せ集め軍団のALL宮城のみなさん。



イシイにとってはオリンピック以上に熱い熱い8月が始まりました。

全ての選手の、笑顔のために。



夏バテなんてしてらんねぇぇぇぇ!!!!!


100223_08.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/08/01(水) 17:29:28|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。