HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気持ちという壁。

20代前半の頃は暇さえあれば交通費を掛けてでもトレーニングしに行ってました。
45分レッスンに入る20分前までランニングしたりしてました。


…若かった、という一言では片づけたくはない。



20代前半はずっと飛ばし続けてきた人生でした。
大好きな宿澤さんの言葉を借りるなら

『常に全力疾走していないと失速する気がする』


まさに、そんな感じでした。

頑張らなきゃ頑張らなきゃ。
もっともっと。上を目指して頑張らなきゃ。
フリーでいることで一番ツラいところかもしれません。
自分次第ですべて決まってしまう。

だから自分に厳しく。自分はまだまだ頑張らなきゃいけない、と。



そうやって知らず知らずのうちにプレッシャーを懸けていました。

現状に満足してちゃ先へは進めない。
進んでいるつもりでも、上を仰いで手を伸ばしているだけに過ぎない。

でも、本気で取り組んだ、頑張った自分もいるのは確かで。
その頑張りも本気だったかどうかなんて自分が一番感じる部分で。

だから自分で自分を褒めてもいいと思う。
ただ、それは今日という通過点の時点での自分。
今日は頑張った、じゃあ明日はもう少し頑張ってみようか、と
自分の背中を押してあげられるのも自分しかいないのだ。



人間、緩い方にはすぐに流されてしまう生き物です。
分かっていても、なかなか自分を律し続けることって難しい。


目標がなければ尚更だと思う。


環境のせいにはしたくないけれど、
目標があっても個人の頑張りだけではどうにもならないこともある。
(自分がそれを言い訳にしてはいけないだけで、そういった環境は絶対あると思う)


それがチームスポーツなら尚更だと思う。
志が高い選手の集まりや自分と同じ想い、志のメンツが集まったチームはそりゃあ居心地がいい。

けど、世の中そうはうまくいかないわけで。

しがらみだったり、個々の性格だったり色んなものにがんじがらめにされてその中で
自分を律し続けていかなければならない。目標があるならば。


ところが個人競技やフリーの仕事なんてものは
自分の出方やり方次第でその通りに結果が跳ね返ってくる。


30歳を迎えて、今までの中で一番トレーニングの頻度もレッスンの本数も現場も少ない。
でも、身体の使い方は今までで一番巧く出来ている気がする。



ラグビー成年オール宮城、東北電力宮城男子バスケ。


仕事、家庭、バスケ、ラグビー。
何足もの草鞋を履いて頑張る選手を目の当たりにして改めて思う。




お前は、どうするんだ!?




イシイは選手じゃないけれど。

選手にとっていちばん近くて理解がなければいけないと思っている。
そんな自分のポジションで、自分は今、選手に胸を張れるほど自分を鼓舞させているか?




…現場の一つ、一つは勿論真剣です。
全て懸けてます。



でも、20代前半の頃のように自分自身に対してストイックになれてないかも…。



勿論、言い訳なんてすぐに出て来ます(笑)





気持ちの壁なんてぶち壊してやる!!!!!!

まだまだやってやる!!!!!!




幸い、現場を終えて帰宅してもうちにもアスリートがいるので(笑)

そのアスリートのケツを叩きながら自分も負けじと奮起してみようと思います(笑)



病は気から、っていうでしょ?

気力不足は万病のもと!!!!


…kingカズ見習えよ。


…澤だって年上だぞ。


…それ言ったらレスリングの吉田だって年上じゃん!!!




イシイ、30歳からのrestart宣言します(笑)100425_221024.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/06/14(木) 15:19:43|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。