HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チーム。


昨日は独身時代を髣髴させる生活パターンでした(笑)


4:30に起床、電車に乗り込み向かうは仙台。
第49回東日本都道県対抗ラグビーフットボール大会・東北予選に出場する
オール宮城のサポートスタッフとして秋田に帯同するためです。



福島は朝から雨。

仙台も、雨。



雨の試合ってテンション下がりますねぇ、と話していたんです。

東北道を北上するにしたがって雨は降っておらず曇天。
このままもって欲しいなぁ…と願いもむなしく、
秋田に入った途端降り出した模様。



…空は明るいんだけどなぁ
最近めっきりpower不足な自他ともに認める晴れ女イシイ


道中のバスは和やかムード。

前回の青森選抜との試合に帯同していなかったため
イシイは今回が初選抜試合となりました。

どんなラグビーを見せてくれるんだろう。


ピッチの中と外では全く違う顔の選手たち。
ましてラグビーのように体と体をぶつけ合う競技の選手なら尚更です。



しかも…





晴れた―!!!!!!!

e0092607_8412439.jpg



こりゃあぁぁぁぁ…熱くなるぞ…いやいや暑くなるぞ。


201206101444001.jpg



初めて見たオール宮城のユニフォームは緑。
かっこいいじゃんっ!!!!


先制トライは宮城でした!!!!

すでにボールの動きを追いかけているわけではないので
誰のトライかわかりませんが…(笑)


ナイストラーイっ!!!!!!


完全awayですから。会場の人たちは秋田優勢と見ていたことでしょう。


その後も宮城優勢のゲーム展開。

14-12で2点リードで前半を折り返しました。




結成からわずか1カ月、練習も数えるほど…とは思えないほどの結束力。
ベテランと若手がうまく融合したこれぞまさに

『昨日の敵は今日の友』なチーム。




寄せ集めだからこそ、味わえる楽しさもあったのではないでしょうか。



もっともっとこのチームで練習すればきっと強くなる。


例年までのオール宮城を経験していた選手。
勿論今回初召集された選手。


きっと、今までの…または自分のチームとは違ったラグビーに魅了されて
改めて『ラグビー楽しい!!!』っていう気持ちになれたのではないでしょうか。



足が止まってきた秋田に一気にたたみかけるつもりでしたが…







後半、21-27。



土壇場で逆転を許しノーサイド。


秋田選抜 39 - 34 宮城選抜 ●



惜敗でした。

ふさわしい言葉ではないかもしれないけれどナイスゲームでした。
最後の最後まで負ける気がしないゲーム展開でした。





監督も仰っていましたが。

awayですから。



ジャッジがどうだとか、あのミスがどうだったか、だとか。

敗因はもっと根本的な部分にあるわけで。





でも今回の負けは必ずいい経験になる。
そんな負けだったと思います。



2週間ほどおいて今度は本大会に臨むためのセレクションマッチがあります。



帰りのバスの中で選手の殆どが口にした言葉。

『必ず勝って、またこのメンバーで試合がしたい』




たった1か月足らずの寄せ集めに過ぎないチームが一つにまとまる。
その輪を外から眺めるのはすごく胸が熱くなります。




自分のチームにいるときと役割も想いも違う。
でも、集まったメンバーの気持ちは一つになる。


勝ちたい、と。




普段は敵同士やりあう選手たち。
ラグビーのようにカラダとカラダをぶつけ合う競技ならなおのこと、
普段敵同士のチームの選手がいざチームメイトだと言われても
信頼関係を築くのには時間がかかるはず。


それでもクレバーな選手と経験豊富な選手、怖いもの知らずの若手。

見事にマッチしたこのチームはわずか数回の練習で一つになれた。




ただ、もうちょっと早くコミュニケーションがとれていれば…と
悔いが残った選手もいたようです。



それに気づくための敗戦だった。


まだ、このチームは終わりじゃない。
最後のセレクションマッチもこのチームで戦うんです。


残念ながらそのセレクションマッチ、イシイは交流戦帯同で行けないんですが



いっておいで!!!!



と、またこの選手たちの背中を押してあげたい。




また、この選手たちに会いたいし、一緒にラグビーがしたい。




そう想える最高のチームでした。



今回このようなチャンスを下さった柴田先生、菊池さん。
本当に感謝しています。


そしてイシイを信じてくれた選手たちにも本当に感謝しています。


勝つことは大事ですが、それより大事なものが
勝負の世界にもあると思っています。プロじゃない限り。


その大事なものを肌で感じることが出来たチームでした。


ありがとうございました。




必ず、必ずまた会いましょう!!!
スポンサーサイト
  1. 2012/06/11(月) 09:42:07|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。