HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつまでも。

先月から、高齢者の介護予防運動教室を担当させて戴いています。


震災前にもお仕事戴いて担当していましたが、
機会があって二か所で週2本担当させて戴いています。

この教室は、自分から『運動したい!!』と思って参加するのではなく、
地域包括支援センターや地域の保健福祉課の方たちにのアンケートによって
ランダムに選ばれた方々が参加している教室です。


なので20弱いる生徒さん達も様々です。


杖を使わないと歩けない方。

ちょっと認知が入っている方。

人工関節が入っている方。

大病をした経験のある方…などなど。






通常、こういった教室は理学療法士さんと話し合って教室の方向性を決めて行います。



初めて会う顔ぶれの中で、みんなが出来ない動きを助け合って運動したり
自分の近況やこれまでのこと、お孫さんのことを話したりと話し相手が出来たり。


みなさん、回を追うごとに元気になられます。


杖をつかないと歩けなかったはずなのにある日杖なしで教室に来たり。

バスのステップをスムーズに上がれたり。




そういった少しずつの積み重ねが成果として現れるとみなさん嬉しそうに教えてくれるんです。





やっぱり、長生きするなら自分の足で歩きたい。

自分の歯で美味しいものを食べたい。

最低限の身の回りのことは出来ることなら自分でしたい。



誰もが思うことだと思います。




イシイは偉そうに人生の大先輩方の前で運動指導をさせて戴いているわけですが
楽しそうに教室に通ってきてくださる姿は何にも代えがたいものです。



その姿勢や、お話からいろんなことを教えて戴いています。




この仕事を続けてきて最近強く思うのは『運動』のあり方。




いつまでも健康でいるためにはどうしたら良いのか。

運動が身体に良いことは知っているけれど、やみくもに運動しては効果がない。


正しい動き、正しい姿勢、正しいアライメント。

それを知ることが一番大切なんじゃないかと最近常々思うのです。


難しいコンビネーションのエアロビクスを踊れるようになることも確かに楽しいこと。
でも、膝にサポーターをして接骨に通って…



否定はしません。

楽しみ方は人それぞれですから。



でも、自分の身体の正しい使い方を知っておくだけで自分の身体が変わるんです。



そこの大切さを伝えていけるトレーナーでありたいと思うのです。

いつまでも、健康な自分でいるために。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/07(水) 18:05:49|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。