HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キレイゴトではなく。

昨日で、阪神淡路大震災から16年だそうです。

当事者ではないイシイとしてはもうそんなに経ったのか、と言うのが正直な想いでした。
思えば一昨年、神戸を初めて訪れた時に震災復興メモリアルパークに連れて行って頂きました。


感じたもの、込み上げてくるもの。
それこそ言葉にならない感情が自分の中に渦巻いていたことは確かです。
でも…


大変でしたね、とはどうしても口に出来なかった。


言葉にしてしまうのは簡単だけど、被災地の方々が今日に至るまでにどれだけの苦労をして来られたかなんて第三者の私たちからすれば想像の域を脱しないからです。


TVで放映された事実だけが全てではない。

人の優しさや冷たさや、いろんな人間模様をまざまざと見せ付けられ痛感したことでしょう。
『生きる』ことの大変さ、『生きている』ことの有難み。


極限状態で現れる人間の本来の姿。
キレイゴトではなく、いつでも自分以外のまわりのひとを思い遣れる人間でいたい。


保海さんがおっしゃった言葉。
『人間の皮を被った獣になってはいけません』


震災を経験した方の言葉の重みをヒシヒシと感じます。


自分の痛みを我慢して、誰かを気遣うことが出来ますか?
自分の悲しみや苦しみを堪えて、誰かの笑顔のために動けますか?


イシイは、トレーナーと言う職業に誇りを持っています。
決して、華々しい世界ではありません。スポットライトを浴びる職業でもありません。

でも、選手の人生半分は背負っていると。
自分を信じてついてきてくれた選手とは一蓮托生だと、思っています。

だから生半可な気持ちではやれないし、やってはいけないと思っています。



トレーナーのあるべき姿、こうありたい自分というものを改めて考えた震災の日でした。


今日までイシイを支えてくださったたくさんの方々への感謝を忘れずに、しっかりと一歩ずつ歩いていこうと思います。

ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/18(火) 20:14:39|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。