HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

言葉に出来ない。

神戸高専のグランドを借りて練習するのも、5年生にとっては今日が最後でした。

5年生にしたらこのグランドへは毎年のように来ていた思い出の地。
それも、今日で終り。
勝っても負けても、明日で5年間懸けて来たラグビーに一つの終止符が打たれます。

年末の合宿から今回の全国大会の遠征に帯同させてもらって、
長かった帯同も明日が最後。

イシイの仕事は、どちらかと言えばもう殆どないわけで。
ここまで来たら今まで頑張ってきた選手を見守るしか出来ないわけで。

当然、勝ち上がれば勝ち上がるほど、喜びと共に疲労感も痛みも増えていきます。
テーピングなんてもはや気休め以外の何モノでもなく、痛みを取ってあげる事も代わってあげることも勿論叶わないわけで…今、ここで練習を見ていることしか出来ない自分の無力感と言うか虚しさというか…一年間見てきた彼らの最後の雄姿に感動しているのか…何ともいえない想いが込み上げてきて、思わずぽつぽつと涙が一つ二つこぼれました。


言葉に出来ない想いに涙すること。

この仕事を始めてから何度も経験しました。



言葉にならない想いはヒトの心を突き動かします。
言葉に出来ない想いは自分の心を締め付けます。


イイコトも悪いことも
全部ひっくるめて、言葉にならない想いが溢れる時はそれだけ自分が本気になれた証拠だと思っています。


このチームに出会えて良かった。
この選手たちに出会えて良かった。
この指導者の方々に出会えて良かった。


勝負の世界です。

必ず、白黒がつきます。




白がついても黒がついても、『悔い』は残るかもしれない。



それでも。



やりきった充実感と、ここまで来れたことへの達成感と。
かけがえのない仲間や支えてくれた大切な人たちへの感謝の気持ちと。


色んな言葉に出来ない想いが入り混じって
涙が流れるかもしれない。
笑顔がこぼれるかもしれない。


でも、学生スポーツってそれでいいと思う。


勿論、勝ちたいけれど。
ただの『勝利』なんて何の価値もない。



そういった試合をして欲しい。

少なくとも、我が仙台高専名取RFCはノーサイドの笛が鳴った時、フィフティーンのみならず全員が同じ想いでその瞬間を迎えられるとイシイは信じてます。


まだちょっと早いけれど。
5年生のみんな、ありがと。

明日は相手にも会場にも何一つ不足はない!!!!!

思う存分、自分たちが懸けて来たラグビーを心の底から楽しんで欲しい。


見守ることしか出来ないけれど…

誰よりも強く、そう願ってます。



いよいよ。



明日。


決戦の地はホームズスタジアム。

201101081210001.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/08(土) 20:31:44|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。