HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光の射す方へ

17日から3日間、宜野湾市の体育館で東北電力宮城男子バスケ部の2010年を締めくくる全国大会がありました。

イシイ生涯初の沖縄入り!!
ウキウキでしたが…空の旅、約3時間に辟易


かくして到着した沖縄は暑くもな寒くもなく(夜は寒かった!!!!)快適でした。
NEC_0017.jpg



飛行機の到着が若干遅れたため練習割り当て時間に間に合わず。前日練習なしで当日を迎えることに。
今年を締めくくる大会だけに、出鼻挫かれた感じ…。

さて。初戦。
東北電力宮城 75-63  中国電力

またまたスロースターターなゲームの出だしとなり、自分たちで苦しい展開をつくっている感じでした。
今年のチームは何でこうなんだろう…でも、この日はアップの入りがめちゃめちゃ良かったんです。
だから、いつも以上に手応えを感じたイシイとしてはハラハラ
何とか沖縄初陣を勝利で飾り、1試合後の四国戦へ備えることに。
この四国戦。去年はビタリと自分たちのバスケがはまって劇的勝利!!それだけに四国もリベンジに燃えているはず。
絶対負けられません。良いイメージを持って臨めるよう、選手の疲労度を見ながらアップからボルテージを上げていきます。初日の2戦とも、アップの入りは今年の試合の中でいちばん良かったとイシイは感じました。


東北電力宮城 59-91  四国電力



…終わってみれば32点差。
正直、悔しくて涙が出そうになりました…

完全に勝ち目がなかったわけじゃない。
自分たちのバスケットが『やれなかった』んじゃなくて『出来なかった』。
…立て直すことにまたしても時間が掛かり、追いつけなかった。
苦しい時間帯も声を出して我慢して我慢して善戦はしたものの、やはり勝負どころで自分たちが強く攻め切れなかった…

予選リーグの結果,リーグ3位となり,4~6位決定戦へ。

イシイは、バスケット経験者ではないから。
偉そうなことは言えません。言うつもりも…ないけれど。
悔しくて仕方なかった。選手たちが気持ちよく自分たちの流れでスタート出来るために自分は何が出来るのか…

今回は怪我をして出場できなかった選手もいました。
残念ながら、試合中に怪我をした選手も一名出てしまい。

その両名ともが若手3年目の選手。
チームの鍵を握るのは彼らの世代だと思うわけで。
ベテラン勢とのバスケットへの温度差、考え方の違いは多少あれど、やはりみんなで同じ方向を向いて行かなければ勝利は望めない。

イシイの思いの丈を二人に伝えた。
若手も若手なりに苦心していることを知り、何とか自分たちで現状を打破しようとしていた事を知り。

大丈夫。


そう思えました。


ただ。
言葉だけじゃなくて口にするだけじゃなくって。

行動で、プレーで示して欲しい。
それがどんな難しいことか分かっているつもりです。
でも、そのためにイシイもこのチームに所属しているわけで。
そのための努力は惜しまず、なんだってしたいと思っているわけで。

順位決定の初戦は2年前の再来か…またしても北陸の前に勝利を飾れず。

東北電力宮城 60-88  北陸電力


このまま、終わりたくない。
まだまだ出し切ってないじゃん!!!!!


気持ち、気持ち、気持ちだよ!!!!!!

イシイはバスケットのセオリーが分からないから終了何分前で何点差がついていたらもう勝ちめはないとかわからないけれど。確かにその試合には勝ち目がないのかもしれないけれど、その試合だけで終りじゃなくて次があるじゃん!!!!

どうしてコートもベンチも声がなくなってしまうんだろう…
どうやっても無理な状況で声を張り上げてしまうイシイはバスケットを知らないからこそ、かもしれませんが。

終りじゃない。

どこに繋げるか、繋いでいくのか。

諦めたら、そこで終りじゃん…。




想いが通じたのか、みんなも同じだったのか。
最終戦は第一クォーターから気持ちが全面に出た気迫のあるバスケットで終始ゲームを支配出来た感がありました。
終わってみれば…

NEC_0007.jpg


東北電力宮城 76-59  中部電力

惜しくも勝敗で並び最終順位は6位。

それでも、
最後の最後、みんなの気迫を目の当たりにし、安堵の涙が出そうになりました。
もがき続けた2010年。

最後のゲームで一筋の光が見えた気がします。
イシイの大好きな選手たちを信じて、2011年もまたサポートさせて頂きたいと思います。

どんな状況でも自分だけは選手を、チームを勝利を信じる強い気持ちを持ち続けよう。
誰か一人の諦めから綻びるなら、自分がその最後の楔になる。
それがチームにおけるイシイの存在価値であり、言葉だけでなく行動でサポートで示していかなければならない部分であると思っています。

身の引き締まる大会でした。
東北電力宮城男子バスケ部の皆様、お疲れさまでした。
そして、今年もお世話になりました。また来年、ヨロシクお願い致します

スポンサーサイト
  1. 2010/12/21(火) 06:09:46|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。