HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

視野を広く。

最近読んだコーチング理論の話で、ちょっと自分に自信が持てたと言うか…
そんな話に出会いました。

某有名オリンピック選手を育てた名コーチの話です。
武勇伝は多々聞きますが、いざ読んでみると『なるほどなぁ』って共感を覚える部分もあり。



その中でも、イシイが常に心掛けていることがあります。

『常識や固定観念は疑ってかかるべし』



知ってるヒトには常識かもしれないことも、
知らないヒトには非常識なことかもしれない。

1+1=2は考えようによっては足して2になる計算式はたくさんあるわけで。


世間一般に常識だ、と言われるもの思われるものにも間違いはあるわけで。
それを鵜呑みにする必要もないわけで。
ただ、全く最初から否定するわけではなく前例的な事例として頭に置いておき自分の考えをめぐらせる。


ヒトと同じコトをしても先へは進めないし、新しいコトも生まれてこない。
選手が誰一人として同じ選手がいないのと同じように『根底にある信念や方法』を選手に当てはめていけば良い。


選手を自分の型に嵌めようとするのだけは絶対にしたくない。

自分の思う型に選手を無理やりはめ込もうとするのではなく、選手の素質・素材を活かすためにはどうしたらいいのか、を常に考えるようにしているし、考えるべきだと思う。



イシイがまだ駆け出しのトレーナーの頃。
ずっとひとつの競技にしか携ることがなく5年が過ぎた頃。


『このままじゃいけない』

って自分で感じたんです。
その競技で食べて行こうとも思っていなかったし、その競技に固執する理由もなかった。


自分から外に出て行かなければ。
そう、強く思ったのを覚えています。

ネットや知人から情報を集め、各方面の競技の方とお逢いして話をして。
自分が経験したことのあるなしに関わらず、何でもいいから見たかったんです。

見たことない競技、実際にプレーをしたことがない競技。
その方が、純粋に、そして新鮮に物事を見れるような気がしたんですね。


思えば、イシイのベースになっているものってその頃に形成されたのかなぁ…って思います。


指導に行き詰ったり、壁にぶち当たったりした時は特に。
まずは常識・固定観念を疑え、ぶち破れ。


選手の為に、自分の為に。


i1b013.jpg


常に視野も心も広い人間でいたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/27(水) 09:56:15|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。