HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

基礎と先入観。

世の中は三連休。

イシイもなんちゃって連休感を味わえた3日間でした(笑)
土日とイシイがちょいちょい携らせて頂いている上杉山中学校ソフト部の地区新人大会がありました。

イシイ、県外遠征していたので試合を観に行けなかったのですが。
学生のパパさんで上杉ソフトチームでもお世話になっているSさんからちゃぁんと結果速報来ました。


青葉区3位で終了。
(イマイチ、大会のシステムを理解していないイシイ…/笑)
Sさん曰く基礎技術の差だと。
今回はイシイもまだまだ2,3回しか彼女たちと会っていないので何とも出来なかった現状で…
でも新人戦も終わったことですし、これからは来年に向けてガンガン携っていきたいと思ってます。


ここ2年くらい、自分が経験してこなかった競技のトレーナーを打診されることが増えてきました。
有り難いことだと感謝しています。

その反面、いくらスキル担当ではないとは言えその競技を長年経験してきた選手に対してどう向き合ったらいいか悩むこともあります。ただ、イシイのmottoとしては





人間ですカラ。





たとえ競技が違えど、使う道具やサーフェスや人数やら何やら…が変わっても選手は人間であり身体の動く方向や力の生まれる方向は同じなのです。肘が逆に曲がったり、膝が鳥のようにまがったりすることは有り得ない。


ならば、競技という枠や先入観に囚われずにもっと視野を広げて欲しい、と思うのです。


その競技を専門にやってきたからこそわかること。
他の競技を専門にやってきたからこそ見える部分。

どちらの視点も柔軟に受け止め自分なりに解釈し取り入れることが重要だと思うのです。
ほんの少し、視点を変えるだけで見えてくるものがあるはず。



イシイはそのきっかけになればと思うのです。

ラグビー、水泳、格闘技。


どれもイシイには未経験のモノです。

それでも『他競技からみた○○』という部分からアプローチをしていくことが今のイシイに求められていることだと思ってます。じゃなきゃ、意味がない。
専門の基礎は基礎スキルとして勿論必要だけれど、それだけじゃなくその競技をどれだけ多くの切り口から見ることが出来るか…イシイは、この部分で個々のチームに貢献して行きたいと考えているのです。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/12(火) 01:58:49|
  2. HOME
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。