HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気持ちって何だ。

気持ちが切れちゃう。

気持ちが折れちゃった。

気持ちが足らん!!!

気持ちで負けるな!!!



…目に見えないこの気持ちって何だろう。


選手たちを観ていても感じるもんです。
あ~…気持ち切れちゃったかな、とか
試合前から相手や雰囲気にのまれちゃって気持ちで負けちゃってるな、とか。

100411_115209.jpg


選手として大舞台を経験したことのないワタシ。
トレーナーとして大舞台に臨む選手のサポートをすることが多いワタシ。

非常に相反する立場であります…(笑)


自分としては実はものすごく緊張しぃなのです。
絶対絶対見られないけれど。


それでも『気持ち』ってあると思ってます。


イシイ、筋金入りの『負けず嫌い』。


小さい頃、よく父親が遊んでくれたけど勝負になると容赦ない父(笑)
泣きながら勝つまで食らいつく幼少時代のイシイ(笑)
『泣くならやめなさーい!!!!!』と怒鳴る母(笑)


そんな繰り返し。
どちらかといえば褒められて伸びてきたいうより怒られて
『なにくそ!!!』と立ち向かって来たタイプ(笑)


とにかく負けたくなかった。
出来ないことが悔しくて、悔しくて涙がこぼれて泣きながら練習して。

全部完璧に出来るわけなんてないんだけど
出来ないことが悔しくて仕方なかった。


優等生だったわけじゃないけど、それなりに出来る方だったと思う。
だから『出来ない自分』がすごく嫌で変なプライドもあると思う。


勿論、プライドや意地なんて語るだけでは格好悪いから
それなりに努力しているつもりです。


ラグビーの練習始めた時もパスが思うようにいかなくて
むちゃくちゃ悔しかった。
教えてもらってることが理解出来なくて、
理解しても技術が伴わなくて。

そんなすぐ出来ることじゃないんだろうけど、
とてつもなく悔しかった。

きっと、焦ってたんだと思う。
もう口にするのはやめようって思ってたから書きたくないけれど
年齢だったり経験だったり。

自分と半分以上も年の若いコたちと張り合おうっていうんだから…
焦っても仕方ないんだけど。

焦っても焦っても、やっぱり練習するしかない。
今の自分の環境下でやれることを最大限にやるしかない。
今やれることやらないで焦ってたって何にもならんもんね。


でも、思ったわけ。


『悔しい』とか『負けたくない』とか。
感じなくなったら終わりだな、と。

それは勿論、トレーナーとして立場的に熱くなり過ぎちゃダメなんだけど。
選手と同じ目線で同じ気持ちで傍にいたいと思うわけ。

日頃の選手の努力を間近で見てるからこそ、
選手が悔しいとか負けたくないとか思う気持ちが手に取るようにわかる。
でも、選手はアタシ何かが感じる以上にもっともっと悔しくて苦しいんだ…


アタシはその大舞台でそういった想いをしたことはないから
『わかった気になってるだけ』でしかない。


それでも。


たまには自分自身が悔しい、苦しい、負けたくないって
がっつーんと感じないときっともっと選手に寄り添えなくなる。


つい昨日。

久し振りにがっつーんと悔しい想いをした。
負けたくねぇ!!!!って心底思った。


泣けてきた。

自分、『努力してたつもり』でしかなかったんじゃないかって。


今まで信じてやってきたこと、実は無駄なんじゃないかって。


アタシが思うんだから選手は絶対にそんな想いにぶち当たるコトがあるはず。



だからね


やっぱ必要なんだ。


勝負の世界に足突っ込んでる間は。



悔しいとか。

負けたくねぇとか。



ちんけなプライドなんて捨てて意地と負けん気引っさげて。
勝負しなきゃいけないことがたまにはないといけないんだ。



そんな想い感じた時が、ステップアップ出来る時。

10369864_531734103625934_2655702765354077107_n.jpg



結果は勿論大事。
でも、目に見えないものの勝ち負けつけるのは自分次第だ。



『気持ち』って何だ。


素直に悔しいとか負けたくないとか、そんなもののために
自分のどうでもいいプライドとか捨てて勝負出来るかどうか。


そこじゃないかな。



先日、目の前でみた宮城のバスケオールジャパンの県予選。
元プロを要するAチームが、東北地区の大学チャンピオンに相手に
最後の最後まで全力で闘ってた。


『元プロ』なのに、大学生相手に本気になって
しかも20点差近く離されて、必死にボールに食らいついて…


そんな選手の姿を見て『無様だ』なんて思わなかった。
むしろめちゃくちゃ格好良かった。


それはきっと『元プロ』ってプライドと意地が成せる業だったのかも。

元プロなのにこんなところで必死になって、
大学生に負けるなんて仕方ないじゃんって。
そんなプレーしてたら絶対無様だった。
それでも元プロかよって思ったに違いない。

それこそ、ちんけなプライドだ。



プライドだとか意地だとかいうほどの人間じゃないけれど
アタシは『気持ち』では絶対負けたくない。

それがなくなったらアタシなんて燃えカス同然。


気持ちで負けてたらこの仕事する資格なんてない。
口だけの『気持ち』にならないようにしようっ。


10/4 @若林 実業団秋季大会(バスケ)
    @福島北高 オールジャパン県予選(バスケ) 
10/5 @〃
    @熊谷 全国クラブトーナメント2回戦(ラグビー)
10/13@中新田 実業団秋季大会(バスケ)

10/18@福島西部体育館 みちのくカップ(バレー)

…大会続きです。


最高のサポートを心掛けて、日々のことに尽力します
スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 21:52:32|
  2. HOME
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。