HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一流とは。

勝負の世界に携わる者として、痛感しました。
選手だろうが選手じゃなかろうが関係ない。

それは日常生活でも同じこと…。

言い訳することは簡単。

出来ない理由を見つけるのも
やれない理由を見つけるのも簡単。

理由は全て周りなのか。
環境、人間関係、仕事…

全ての一流と呼ばれる人たちが
恵まれた環境だったのか…
そんなことは絶対にないと思う。

与えられた環境、自分の置かれている環境で
最大限の努力をしたかどうか。
Actionは起こしたのか。

変わろうと思わなければ変われない。
変えようと思わなければ変わらない。

本気になるってそんなに恥ずかしいこと?
本気の快感を知らないなんて可哀想過ぎる。

真剣に打ち込むってそんなに難しいこと?
真剣になれないものなんてただの惰性に過ぎない。
時間の無駄。

口からついで出た言葉は力を宿す。
時には人を動かすことさえ出来る。

『言葉』に出したならやらなきゃ。
やれないのなら言わない方がいい。

『悔しい』とか『勝ちたい』とか…
本気で真剣に取り組んだ人だけが
使うことを許される言葉だと思う。

それ相応の努力もせず、
自分は頑張ってるなんて思うのは
大きな間違い。
頑張ってるかどうかなんて他人の評価。自分で決めることじゃない。


下を見ればキリがない。
上を見たって、キリがない。


一流の言葉には力がある。
説得力も魅力もある。

功績とか名声とか云々じゃなく
人として一流になりたいと強く思う、
今日この頃です。


C090118daiamond-dust.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/01/29(水) 16:06:02|
  2. HOME
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。