HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

夢への挑戦。


ようやく、行けました。
東北大学女子ラクロス部!!!



何度も雨に泣かされ…イシイ、晴れ女なはずなのに
でも、敵取られたように暑かった…(笑)


ラクロス部のblogより写真お借り致します
【http://blog.livedoor.jp/jolax/】


6d843480-s.jpg

暑さをもろともせず動き回る選手たち。
バス降りた瞬間『あぢぃなぁ…』と思っていたイシイもスイッチ入りました


1年生はこの日が初めて。
あまり絡めなかったけど…いっぱいいるなぁ
まぁまぁ、いっぱいいるってのはイイコト!!!
競争心も団結力も芽生えるからね。

4年生はちょっと見ない間に逞しく、頼もしくなったなぁ…
ちょっと親心!?(笑)泣けてきます。


去年も自分たちが中心になってチームを率いてはいたもののなかなか思うようにいかず。
想いだけは、感じていました。
ただ、まだちょっと甘いんじゃないかぃ…と思うところもあった去年。

結果を通じて彼女たちは自分たちで気付いたんでしょうね。

今年は、目の色が違いました。
会うたびに逞しく、頼もしくなるのが目に見えて感じ取れます。

勝ちたい、負けたくない、もっともっと強くなりたい。
そんなラクロスに対する貪欲さが今年はすごく感じられます。


残念ながら今シーズンはまだ一度も試合を観れていませんが…


オリンピックも開幕し、スポーツ熱が盛り上がっている今日この頃。



勝負には思いがけない魔物が住んで居ます。
思い通りにいかず涙することだってある。

でも、だからこそ楽しい。

だって、結果が決まっていたら努力しないでしょう?
勝つのが分かっていて自分自身を追い込める人間なんていないと思います。


自分が思い描いた未来を実現するために努力する。


例えその努力が結果として現れなくてもきっと何かは残るはず。
『勝ちたかった』という悔しさは残ってもどこか達成感は感じられるはず。
すぐには無理でも、数年後、十数年後…
そう思える時が必ず来るはず。


努力した分、必ず勝利がついてくるという保証は何一つない。
常に勝利への執着心を持ち続け、信じ続け、
常に自分にプラス思考にイメージを持ち続ける。


勝負はきっと誰もが恐怖心と背中合わせ。



残念ながら、イシイはその恐怖心に押し潰されそうになる方でした(笑)


昨日開幕したロンドンオリンピック。
選手たちは、ただ純粋に自分の夢の為だけに戦えたらどんなに楽しいだろう。
メダルを嘱望されてどれだけの重圧の中で戦わなければならないのだろう…。



期待が声援になることもあれば重圧となって圧し掛かることさえある。
観客は、自由です。

ただ、スタッフである自分たちがそういう環境をつくりだしてはいけない。
期待や夢がそのまま起爆剤になるような環境をつくってあげなければならない。




選手の笑顔の為に、出来ることは何でもしてあげたいと思う気持ちが年々強くなります。

それだけ、良い選手良いチームと出会えてるんだな…と感謝です。



自分たちが掲げた最大の目標であり夢である全日一勝。

イシイもその夢を信じています。



頑張れ!!!東北大学女子ラクロス部!!!!

f2069fee-s.jpg


キャプテン・たまちゃんと。
(撮影者:あや)
スポンサーサイト
  1. 2012/07/29(日) 19:44:47|
  2. HOME
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad