HOME         LESSON      TRAINER     PROFILE             MAIL                            

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

https://gekishinfighter.wixsite.com/passionate-heart


HP、移動しました。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/01(水) 11:25:44|
  2. MAIL
  3. | コメント:0

そんな日常。

14962596_1244951478859748_703516904808146161_n.jpg



2ヶ月振りのラグビー。
長かったような、あっという間だったような。


でも走り出す瞬間の違和感とかはだいぶ薄れてきて
テーピングしたらやれるんじゃないかって思えたってことは
そろそろ復帰の合図。


練習…楽しかった、のかな(笑)
相変わらず楽しいという感情が欠落している模様(笑)

楽しい、よりも終わった時の充実感が好き。
充実感があるってことは全力でやれたってこと。


足も腕もぷるぷる、がくがく。
翌日の筋肉痛決定…
でもこれが、意外と快感なのだ(笑)




急遽、野暮用できてくれたのにスポットコーチに任命された目黒くん。


2016110607280244d.jpg


終わってから選手たちに囲まれて教える姿が微笑ましい。
いいなぁ、男子って。なんかそう思う(笑)


宮城のラグビーのために何かしたい。
宮城にラグビーの文化を深く深く根付かせたい。
ラグビーなら関われば関わるほど、その想いが強くなる。

やっぱり選手肌じゃないのかしら。。。
それでもしぶとく、2020年までは現役で頑張りたいのです。
後世の育成のために!!!



福島に戻って夕方はトレーニング。
追い込む時は追い込む!休む時は休む!!


旦那ちゃんと2人で黙々トレーニング。




そんな、5年目の結婚記念日でした(笑)
  1. 2016/11/06(日) 07:25:25|
  2. MAIL
  3. | コメント:0

餅は餅屋。

春の日差しは柔らかくて温かい。

桜の薄紅色、青空。
菜の花の黄色、遠くの山の残雪の白。
何もかもがキラキラして目に映る季節。


それでもやっぱりどこか寂寥感を感じてしまう春。
夕陽の光を浴びる桜を見て思い出した。


ひさかたの… なんちゃら、春の日に、花の散るらむ。



めちゃくちゃうろ覚え。
百人一首、覚えたくて調べていたのはもうかれこれひと昔以上前。


今時はスマホでちょちょちょい。
出てきた出てきた。


ひさかたの 光のどけき 春の日に
     静心なく 花の散るらむ



そうそう、これこれ。

穏やかな春の日に、なんでそんなに花びらは慌ただしく散ってしまうのか、静める心はないのか、といった唄。


咲いている桜にではなく、はらはらと舞う花びらにフォーカスしてるのが印象的だったんだ。


何となく寂寥感を感じるのは、ここなんだ。


『昔から、餅は餅屋って言ってな』
全然関係ないけど思い出した。


頭ではわかってる。
アタシは選手の怪我を治してあげることは出来ないし
痛みを代わってあげることももちろん出来ない。


自分の仕事に誇りもやりがいも責任も覚悟も持ってるつもり。


それでも感じることのある無力感。


治してあげられないからこそ、
代わってあげられないからこそ。

だからこそ、アタシが必要なんだと。
その想いだけは自惚れと言われても持っていたい。


来週から始まる2年めの『センセイ』。
情熱と愛情を持って学生にぶつかります!

  1. 2016/04/05(火) 19:34:30|
  2. MAIL
  3. | コメント:0

夢舞台。

忘れもしない2001年の秋。

ひたすら痛みに耐えて痛み止めを服用しながらコートに立ち続けた選手もいた。
ボロボロの身体を時間をかけてケアして次戦に備える選手もいた。

それぞれがそれぞれと戦っていた。


アタシは専門学校の1年生を半分、過ぎた頃。
当然出来ることはといえば雑用や簡単なストレッチ程度。あとは先生の施術を見る。それだけ。

選手たちが頑張っているのに何も出来なかった。
トレーナーと言えるものは、何一つ。



そんな自分がたまらなく悔しかった。
当然なんだけど、だけど、悔しかった。



目の前でそんな選手たちが日本一になった。
試合終了の瞬間…いや、正確には数秒前、
相手のサーブが綺麗にセッターに返った瞬間だったか、
相手のサーブを綺麗に返した瞬間だったか…
涙で視界が霞んだ。


最後のスパイクは綺麗に相手コートへ突き刺さった。


わずか数カ月ではあったけれど練習に通い、
大会期間中は生活を共にしてきた。
選手がどれだけ頑張ってきたかをそばで肌で感じてきたから。


長年知っていたかのように大泣きしたことを覚えてる。
実習報告に行った職員室でも報告しながら感極まって泣いた。




今の自分に出来ること、出来ないこと、やりたいこと。




あの時『出来ない』悔しさを感じたから、今がある。





明日から全国実業団バスケットボール大会が始まる。
もう8年、寄り添ってきたチームの夢の舞台。


2人の学生が現場を見に来る。
あの頃のアタシなんかよりずっとずっと優秀な2人は、何を感じるんだろう。


全国の強豪たちを相手に選手たちが最後までコートで戦い続けられるよう…



もしかしたらTip offの瞬間泣いてしまうかもしれない。
そのくらい想いが詰まったチームなのだ。





 2/11(木)青葉体育館 
9:30~ VS 曙ブレーキ工業 

  12(金)仙台市体育館 
11:10~ VS 宮田自動車
       16:10~ VS ホシザキ

  13・14日(土・日)仙台市体育館
決勝トーナメント

お時間ご都合の合う方、ぜひ応援にいらしてください!!よろしくお願い致します!!
  1. 2016/02/10(水) 15:13:17|
  2. MAIL
  3. | コメント:0

真の美しさとは。


アタシは、強くない。
自分でそれを知っている。




だから、すごく心打たれた。
彼女たちの勇姿に。


12310591_456954231171973_7601196213061487170_n.jpg



自信なんてこれっぽっちもない。
あるのはいつも不安だけ。

やるしかない!やってやる!

その気持ちが何より力になること、
その気持ちは最後は自分で出すもの。




常々、限界突破の精神でいようと思っているものの、
限界があるのはわかってるわけで。



でも、そんなことは問題ではないわけで。




限界が来るまでどれだけ完全燃焼できるかが重要なわけで…。





彼女は、自分の全てをさらけ出して全力で彼女たちと向き合いぶつかって抱き締めて、全力で彼女たちを愛した。




誰にでも出来ることじゃない。
それを『苦労』とは微塵も思わずやってのけたに違いない。





すごいなぁ…。




真の、芯の、美しさとか強さってこういうことなんだと肌で感じた瞬間デシタ。




12342702_763633350415244_8099099044871454077_n.jpg


ミスユニバース2016 宮城代表 石川優希ちゃん。おめでとう!!
全国大会もその可能性をいーーーーっぱい秘めた笑顔とオーラで
思う存分自分を発揮して楽しんできてね!!!
  1. 2015/12/05(土) 15:13:33|
  2. MAIL
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。